How to

モノラインレタリング 小文字を書こう u v w【bechoriのレタリング入門】

bechori

レタリング・カリグラフィー愛好家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

bechoriのレタリング入門。今回は「モノラインレタリング 小文字を書こう u v w」です。
今回の3文字は全てアンダーターンで構成されています。同じストロークを含む文字はまとめて練習すると上達が早いので練習にもちょうどいい3文字です。今回も一文字ずつ解説しているので参考にしてみてください。

【動画内使用道具】

・ペン:三菱鉛筆 uni POSCA(中字)
・紙:RHODIA ドットパッド(練習にはドット罫か方眼罫の紙がオススメ)
・シャープペンシル・定規(ガイドラインを引くのに使用)

【ポイント】
①すべて同じ基本ストロークの組合せ
②uとvはほぼ同じ
③wは空白を等間隔に揃えるのがコツ

【各文字の書き方のポイント】

※文字を練習するときは必ずガイドラインを引きましょう!動画内のガイドライン比率は上から「2:4:1.5」です。

小文字u)
・2画に分けて書きましょう。一筆書きで書く必要はありません。
・1画目は入りを短くしたコンビネーションストローク。
・1画目の終わりから2画目のアンダーターンを書きます。終わりはしっかりあげます。
・縦線は平行に揃えます。
・綺麗に書けたuは上下を逆にすると綺麗なnに見えます。自分で書いた文字を回転させて綺麗に書けてるかどうか確認してみましょう。

小文字v)
・これも2画に分けて書きましょう。一筆書きではありません。
・1画目はuと同じ入りを短くしたコンビネーションストロークを書きます。
・2画目は1画目の終わりから。小さなアンダーターンを足します。
・この小さなアンダーターンがないと次の文字と上手く繋げられません。小さいけれど丁寧に書きましょう。

小文字w)
・3画に分けて書きます。一筆書きで書く必要はありません。
・1画目は前2文字と同様、入りの短いコンビネーションストロークを書きます。この時点で縦線を平行に揃える意識を持てるようになると整った文字が書きやすくなります。
・2画目は1画目をなぞるようにしてアンダーターンを書きます。
・3画目はvと同様、小さなアンダーターンを足します。
・縦の線は平行、線の間を等間隔にすると綺麗なwになります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

繰り返しになりますが、この3文字は構成する基本ストロークが全て同じです。まとめて練習するととっても効率的なのでおすすめです。wのように同じストーロークが連続して登場する文字は、空白を等間隔に揃えると綺麗に見えます。方眼罫の紙で練習すると間隔を揃えやすいのでオススメです。

次回は小文字編最後、x y z の書き方を紹介します。お楽しみに!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この動画がいいなと思ったらいいねとフォローをいただけると嬉しいです!

…続きを読む