How to

モノラインレタリング 小文字を書こう x y z【bechoriのレタリング入門】

bechori

レタリング・カリグラフィー愛好家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

bechoriのレタリング入門。今回は「モノラインレタリング 小文字を書こう x y z」です。
今回の中で最も難易度が高いのはX。独特の曲線とバランスが難しいですが綺麗に書くコツをゆっくり動画内で解説しているので参考にしてみてください。今回も文字に使用している基本ストロークと一緒に一文字ずつご紹介していきます。

【動画内使用道具】
・ペン:三菱鉛筆 uni POSCA(中字)
・紙:RHODIA ドットパッド(練習にはドット罫か方眼罫がオススメです)
・シャープペンシル・定規(ガイドラインを引くのに使用)

【ポイント】
①xは2本の線を真ん中で交差させる
②yは2つの基本ストロークの組合せ
③zは3画に分けてゆっくり書く

【各文字の書き方のポイント】

※文字を練習するときは必ずガイドラインを引きましょう。動画内のガイドライン比率は上から「2:4:1.5」です。

小文字x)
・1画目はコンビネーションストロークの変形です。左右対称の滑かな三角形の山と谷を書くイメージです。
・2画目は下から右上に線を伸ばします。このとき1画目の真ん中で交わるとバランスがよくなります。

小文字y)
・1画目は入りの短いコンビネーションストロークを書きます。
・2画目は1画目の終わりから線をまっすぐ下に伸ばします。
・下の手前でカーブさせて終わります。このときのカーブは綺麗な半円のイメージです。
・縦の線は平行に揃えます。

小文字z)
・シンプルなので一筆書きでも書けそうですが、最初は3画に分けてゆっくり書いてみましょう。
・上下の横の線はガイドライン上に書き、平行に揃えます。
・文字全体が左右対称になるように意識するとバランスが整いやすいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

xは単語にも文中にもなかなか登場しないので書く機会は少ないですが、いざ登場するとなかなか苦戦する文字です。独特の曲線ゆえ前後の文字と繋げにくいのが原因です。まずは文字単体を何度も練習して、バランスよいxが書けるよう目指しましょう。

小文字編は今回で終了です。次回はカウンタースペース(余白)についてご紹介します。お楽しみに!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この動画がいいなと思ったらいいねとフォローをいただけると嬉しいです!

…続きを読む