How to

モノラインレタリング 文字の繋げ方とコツ3つ【bechoriのレタリング入門】

bechori

レタリング・カリグラフィー愛好家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

bechoriのレタリング入門。今回は「モノラインレタリング 文字の繋げ方とコツ」です。
文字が一文字ずつ書けたら次は単語を書きたくなりますよね。そのときに知っておきたいのが文字の繋げ方とそのコツ。ちょっとしたことですが知ってると知らないとでは大違いのポイントを3点、解説していきます。

【動画内使用道具】
・ペン:三菱鉛筆 uni POSCA 中字
・紙:RHODIA ドットパッド

【ポイント】
①線と線を重ねて文字を繋げていく
②cとeの終わりは気持ち右斜め上へ
③1画目をシンプルにすることもある

↓↓以下詳細解説↓↓

①線と線を重ねて文字を繋げていく

1)1文字目のアップストローク(下から上へ書く線)をしっかり上げる
2)2文字目のダウンストローク(上から下へ書く線)で重ねて被せる
基本的な文字の繋げ方はこれの繰返しです。1)のアップストロークの上げが不十分だと線が上手く重ならず文字が繋がって見えなくなる原因になります。Xハイト(基本の文字の高さ)の半分くらいまで上げる意識で書いてみましょう。単語全体を見たときに、文字と文字の繋がるポイントが同じ高さで揃っていると綺麗に見えます。

※文字の終わりがアップストロークで終わらない文字の場合は無理に繋げなくても大丈夫です。(bやgなど)

②cとeの終わりは気持ち右斜め上へ

この2文字はオーバルの変形体ですが、普通の文字のように書くと次の文字に繋げにくくなります。なので、最後のアップストロークを気持ち大げさなくらいに右斜め上に伸ばしてみましょう。そうすると次の文字のダウンストロークで線を被せやすくなります。

③一画目をシンプルにすることもある

1画目がオーバーターンの文字(n、m、u、v、w)が単語の先頭ではなく途中に出てくるときは、1画目をオーバーターンからシンプルなダウンストロークに変えてしまいます。そうすると文字を繋げやすくなり、かつすっきり見えて文字全体が綺麗に見えます。オーバーターンのまま単語で書くとごちゃごちゃした印象になりやすいです。最初はややこしいかもしれないので何度か練習してみましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

モノラインレタリングは一筆書きではありませんが、さも一筆で書いたように見せるのがポイントです。今回の文字の繋げ方の基本とコツを頭に入れておくと、だいぶ単語が綺麗に書けるようになると思います。ぜひ参考にしてみてください。

次回は単語の練習のコツについて解説します。お楽しみに!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この動画がいいなと思ったらいいねとフォローをいただけると嬉しいです!

…続きを読む