How to

モノラインレタリング 練習に最適!minimumを練習しよう【bechoriのレタリング入門】

bechori

レタリング・カリグラフィー愛好家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

bechoriのレタリング入門。今回は「練習に最適!minimumを練習しよう」です。
他の書体でも何度か解説してきましたが、このモノラインレタリング(強弱のない一本線で書く文字)でもminimumは練習に最適な単語です。なぜこれが練習に最適なのか、そしてこれを上手くかくときのコツについて詳しく解説していきます。

<ポイント>
①minimumは練習に最適な単語
②最初は大げさなくらいゆっくり書く
③線の間隔と傾斜を揃える

①minimumは練習に最適な単語
この単語は基本ストロークが何度も繰返し登場してきます。一見短い単語なので疑いそうですが、実際にこれを常に安定して書こうとするとかなりの集中力とスキルを要します。つまりこのminimumが安定して書けるようになれば、その他の文字や単語もスムーズに書ける近道になる、ということです。

②最初は大げさなくらいゆっくり書く
モノラインレタリングは一筆書きではありません。まずはワンストロークずつごとにゆっくり丁寧に書いてその都度ペンを紙から離しましょう。それを繰返して一つの単語を書いて完成させていきます。動画内では尺の関係上倍速のものも多いのでサラサラ書いているように見えるかもしれませんが、リアルタイムスピードはかなりゆっくり書いています。

③線の間隔と傾斜を揃える
線の間隔は等間隔を意識すると全体的に綺麗に見えます。ポイントは前の文字を書きながら視野にいれつつ、次の文字を書くこと。つい今書いてる線に集中しがちですが、少しだけ視野を広げて前の文字の線も見ながら幅を揃えられるとベストです。

傾斜も同じことが言えます。傾斜は慣れないうちはガイドラインを引いてその上をなぞるように縦線を書くようにすると、全部の縦線が揃って綺麗に見えます。傾斜の角度はお好みで構いません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

minimumはどの書体でも必ず一度は練習に出てくる単語です。書く単語に困ったらまずはこれから練習するのをオススメします。集中して書くと呼吸が止まっていることがあるので、呼吸を忘れずにゆっくり時間を書けて一筆ずつ丁寧に書いてみましょう。

1日5回、これを毎日書くだけでもかなり線が安定してくるはずです。騙されたと思って試しに1週間続けてみてください。自分でもびっくりするくらい線が変わります。ぜひ参考にしてみてください。

次回は「プニュプニュした書き心地が楽しい!呉竹クリーンカラードット」をお送りします。
大人も子供も一緒に楽しめる書いて楽しいペンをご紹介します。お楽しみに!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この動画がいいなと思ったらいいねとフォローをいただけると嬉しいです!

…続きを読む