How to

ドットが楽しい!線の模様を書いてみよう 呉竹クリーンカラードット【bechoriのレタリング入門】

bechori

レタリング・カリグラフィー愛好家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

bechoriのレタリング入門。今回はドットを描く専用のペン、呉竹 クリーンカラードットを使ってできる線の模様の描き方の紹介です。ドットを押すだけでもアレンジの仕方次第で様々な模様を描くことができます。お子さんでも簡単にできるので、ぜひお子さんやお孫さんと一緒に楽しんでみてください。

<ここがポイント>
①ドットの大きさを変えてみよう
②色を複数使ってみよう
③わざと少しずらしてみよう

<以下詳細解説>

①ドットの大きさを変えてみよう
まずは直線上に同じ大きさでドットを揃えて書いてみましょう。これが基本です。次に大きいドット、小さいドットを繰返してうってみましょう。これだけでリズムが出てきて見た目に大きな違いが出ますね。ドットの大きさは圧力で簡単に変えられます。いろんな大きさのドットを組合せてみて、いろんなパターンで描いてみましょう。

②色を複数使ってみよう
呉竹クリーンカラードットは全部で12色あるのでいろんな色を組合せてみると楽しいです。色の組合せに迷ったら、とりあえずは同系色で試してみるのがオススメです。一つおきに色を変えてドットを打ってみましょう。慣れてきたら色を増やしたり、ドットの大きさを変えてみましょう。これだけでずいぶんいろんなパターンができそうです!

同じパターンの模様を小さく描いて隣に添えてみてもかわいい見た目になります。これを間をあけて2列描くと、真ん中に文字が書けるラベルのようになります。ここにちょっとしたメッセージを書けばメッセージカードにもなります。

③わざと少しずらしてみよう
次はドットを直線上からわざとずらしたり、重ねたりしてランダムに散らしてみましょう。色もたくさん使ってみると意外な組合せが綺麗な模様を作り出すかもしれません。このとき薄い色から濃い色の順に描いてみると綺麗に描けます。

まずはたくさんドットをうってみて、いろんなパターンを試してみましょう。適当にドットをうっても簡単に綺麗な模様が描けるのがこのペンのいいところ。線は縦でも横でも斜めでも、自由に書いてみてください。2列書いた間には日本語を書いても全く違和感がありません。これで暑中お見舞いのハガキを書いてみてもよさそうですね!ぜひ参考にしてみてください。

次回は「広い模様を描いてみよう」です。お楽しみに!

この動画がいいなと思ったらいいねとフォローをいただけると嬉しいです!

<商品説明>

・呉竹 クリーンカラードット 全12色 https://store.shopping.yahoo.co.jp/etcetera/tc-6100-12v.html?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_title&ea=14

…続きを読む