How to

花火も描ける!呉竹クリーンカラードットで大きな模様を描いてみよう【bechoriのレタリング入門】

bechori

レタリング・カリグラフィー愛好家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

bechoriのレタリング入門。今回は「ドットで大きな模様を描いてみよう」です。
ドットを書くために開発された、呉竹 クリーンカラードットを使っていろんな模様の書き方を紹介しています。ドットを打つだけななのに、パターンや色を組み合わせるといろんな模様が簡単に描けて楽しいです。お子さんでも簡単にできるので、夏休みの自由研究や暑中お見舞、残暑お見舞いなど、ぜひいろんなシーンで試してみてください。

<ここばポイント>
①ドットの大きさを変えてみよう
②色を重ねて描いてみよう
③輪っかを描けば花火が描ける!

ーー以下詳細解説ーー

①ドットの大きさを変えてみよう
まずは紙の上に同じ大きさのドットを適当に散らしてみましょう。これが基本です。次にドットの大きさを交互に変えて打ってみましょう。ドットの大きさは圧力で変えることができます。大小のドットが入り交じるとリズムが生まれ、がらっと印象が変わります。大きいドットと小さいドットが偏らないようにバランスよく散らばると綺麗に見えます。

②色を重ねて描いてみよう
まずはベースの色で①の模様を描いてみます。その上に別の色のペンで隙間を埋めるようにドットを描いてみましょう。複数の色が重なると一気にカラフルになります。

同じパターンのものを紙面上にランダムに散らすと、飾り模様のようになります。これを無地のハガキやカードに描いて、余白にメッセージを書けば立派なメッセージカードの出来上がりです。既存のカードじゃ物足りないな、というときでもこのテクニックでがらっと紙面を華やかにできるのでおすすめです!

③輪っかを書けば花火が描ける!
真ん中から小さな輪っかを大小のドットで書きます。次に色を変えて、その外側に同じように輪っかをドットで書きます。これを繰り返すと花火の模様のできあがりです。色は多用せず、3色くらいにすると収まりがよく見えます。色を変えていろんな花火を描いてみると楽しいですね!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ドットの大きさや色の組合せ次第で、描ける模様のパターンは無限大です。いろいろ試してみると思いもしない瞬間に素敵な模様ができるのが楽しいです。ぜひ参考にしてみてください。

この動画がいいなと思ったらいいねとフォローをいただけると嬉しいです!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<使用ツール>

・呉竹 クリーンカラードット 12色 
https://store.shopping.yahoo.co.jp/etcetera/tc-6100-12v.html?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_img&ea=14

…続きを読む