How to

【万年筆インク】ブーム到来!魅惑の万年筆インクの世界/bechoriのレタリング入門

bechori

レタリング作家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

こんにちは!レタリング作家のbechoriです。
今回はブーム到来!万年筆インクについて
ご紹介します。
最近、万年筆が流行っているのにともない
万年筆インクがいまアツい!

手書きと文房具が好きな僕も例にもれず、
万年筆インクの世界にどっぷりはまっています。
所有インクは500色を超えてしまいました‥!
レタリングやカリグラフィーに使えるので
毎日字を書くのが楽しくて仕方ないのです。

今回は初めての方にもなぜ流行っているのか、
万年筆インクの魅力とは何か、について詳しく
解説していきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここ数年で万年筆がいまブームになっています。
理由は主に2つ、
①万年筆がカジュアル化してきた
②インクのカラーが豊富になってきた

①のカジュアル化とは、万年筆の価格自体が
リーズナブルになり敷居が低くなってきたことが
あります。安いものでは300円から、それでいて
書き味は決してチープなものではありません。
特に手書きで手帳やノート好きの女性の間で
ここ数年爆発的に人気を伸ばしています。

②インクがカラフルになってきた
昔の万年筆インクは実用性を優先して黒、青、
ブルーブラックなどの暗めの色が主流でしたが
最近は各社からさまざまな色味のインクが
ものすごいテンポで登場しています。

明るい色やパステルカラーなど今までにない色味や
くすみ系やニュアンス系の絶妙な色味のものまで
色の種類がとにかく豊富!
自分好みの色がきっと見つかるはずです。

またご当地インクといった地方限定のインク、
イベント限定インクなどもコレクター心をくすぐる
理由の一つでしょう。

万年筆インクの最大の魅力は紙の上に現れる
濃淡の美しさ。ゆっくりと色が移ろっていくさまは
じっくり見入ってしまうほど美しいです。
時間経過とともに色が変化したり、ラメ入りや
蛍光色など特殊なインクも増えています。

万年筆インクと聞くと万年筆でしか使えない?と
思う方もいらっしゃるかもしれませんが
水筆やガラスペン、つけペン、マーカーなど、
いろんな道具で楽しむことができます。

万年筆インクが気になる方は自分の好きな色、
気になる色とリーズナブルな万年筆を一緒に
買ってみてはいかがでしょうか。
ぜひご自身の目でその美しさを見て頂きたい…!
インクにハマってしまうことを通称「インク沼」
と呼びますが、ともに沼に浸りましょう・・!

今後は万年筆インクといろんな道具をつかった
書き方動画を投稿する予定です。
よろしければそちらも参考にしてみてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この動画がいいなと思ったらフォローといいねを
頂けると嬉しいです。

…続きを読む