How to

【ブラシレタリング】1分でわかる!太い線を上手に書くコツ/bechoriのレタリング入門

bechori

レタリング作家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

こんにちは!レタリング作家のbechoriです。
今回は筆ペンを使って書くブラシレタリングの
基本、太い線を上手に書くコツを解説します。

動画で使用しているのはぺんてるさんの
筆タッチサインペンです。

ブラシレタリングは線に強弱をつけて文字を
書くのが最大の特徴です。線の強弱は筆圧を
コントロールしてつけるのが基本ですが
やみくもにペンを紙に押し付けても綺麗な
線は書けません。

今回は太い線(ダウンストローク)に絞って
初めての方でもこれを知っておけばすぐに
上達するコツをお伝えします。

太い線はペン先を紙に押し付けながら、
穂先の腹でゆっくり書きます。
ペンの運びは上から下です。
線の幅は最初から最後までが均一な太さに
なるのがベストです。

線の入りが尖ったり、十分な太さが出ない
場合は以下の2点が考えられます。

①ペンの根本を持ちペンが立っている

ペンの根本を持つと自然とペンが立ちます。
この場合、筆圧をかけたつもりでも十分な
圧が穂先に伝わらず線が太くなりにくいです。

これを解消するにはペンを持つ位置を
少し上にしてみます。ペン先から全体の
1/3〜半分くらいが目安です。
慣れないと「こんな上?!」と驚くかも
しれませんが、このまま②に進みます。

②ペンの自分の正面、縦にかまえている

ペンが正面、縦になっていると線の入りが
尖りやすいです。これを解消するには
ペンを横に持ち、さらに寝かして倒します。

その状態で紙にペン先をそっと置いたら
圧を加え、そのまま穂先の腹を紙につけた
ままペンを上から下に動かします。

ペンを横にし、角度をつけることで
ペン先と紙の接地面積が自然と広くなります。

これを意識して穂先の腹で書くことを意識
すると、あまり力をいれなくても太い線は
自然と書けるようになります。
何度も繰り返し練習して、自分に上手に
書けるポジションを探してみましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

筆ペン(ブラシペン)は消耗品です。
書き続けると穂先がボソボソしてくるので
書きづらくなったら新しいペンに
交換するのをおすすめします。

綺麗な線や字を書くうえでは
ペン先のコンディションも重要です。
ぜひ参考にしてみてください。

この動画がいいなと思ったらいいねとフォローを
してくれると嬉しいです!

■参考情報/Yahoo!ショッピング
ぺんてる 筆タッチサインペン ターコイズグリーン
https://shopping.yahoo.co.jp/products/z4elq2d0j9?sort_item=1
 

…続きを読む