How to

【ブラシレタリング】1分でわかる!下ループの上手な書き方/bechoriのレタリング入門

bechori

レタリング作家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

こんにちは!レタリング作家のbechoriです。
今回はブラシレタリング、下ループの
上手な書き方のコツを解説します!

下ループはg、j,y、zに使う基本の線です。
(zだけ変則的です)

線をループさせながら線の太さを変える、という
2つのことを同時に行うのがポイントなのですが
これが最初は難しいかもしれません。
以下に詳細を解説いたします!

①ペンの角度は斜め45度をキープ

ペンが立っていると線の強弱が付けづらいです。
またペンの根本を持つと手の可動域が
狭くなり線を滑らかにカーブさせるのも
難しくなります。ペンを持つ場所は少し上を
持ち、常に斜め45度を保つのを意識しましょう。

②運筆スピードはゆっくりと

ペンを早く運ぶと線の強弱が付けづらいです。
この動画のようにゆっくり書くのもポイントです。

③書き始めは上から

ペンをそっと紙に置いたら圧をかけ、
穂先の腹全体を使って太い線を下ろします。
入筆が毛筆のようにダマっぽくなる場合は
ペンが立っている証拠です。
①のペンの角度45度を心がけてみましょう

④下の頂点の手前から徐々に筆圧を抜く

下でループする手前から筆圧を抜いて線を
細くしていきます。このときもペンの角度は
45度のままです。

⑤細い線でループさせる

穂先の先端だけを使って細い線に移行し、
線を下でループさせます。

⑥ゆっくり上へ上げ自然にとめる

線の最後はシュッと払わずに自然に止めます

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最初はループの頂点が角ばってしまうことが
多いです。その原因は以下2点が挙げられます

1)ペンが立っている
 →斜め45度を意識しましょう。

2)線の太さを変えるタイミングが遅い
 →線をループさせることに意識が向きすぎると
  線を細くするのが遅れがちになるので
  思ってるよりも早く圧を抜いてみましょう。

繰り返し練習してコツを掴んでみましょう。

この動画がいいなと思ったらフォローといいねを
してくれると嬉しいです!

■参考情報/Yahoo!ショッピング
ぺんてる 筆タッチサインペン オリーブグリーン
https://shopping.yahoo.co.jp/products/z4elq2d0j9?sort_item=1
 
 

…続きを読む