How to

【万年筆インク】桜色のインク2色!セーラー四季織 桜森・夜桜/bechoriのレタリング入門

bechori

レタリング作家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

こんにちは!レタリング作家のbechoriです。
今回は桜色の万年筆インク、セーラー万年筆の
四季織 桜森と夜桜の2色を紹介します。

新型コロナウイルスの影響で外出を控えている
方も多いと思います。桜色のインクを使えば
お家でもお花見気分が味わえるかもしれません。
個人的にもこの2色の組み合わせが大好きです。

以下に詳細を解説いたします。

①セーラー万年筆 四季織とは

セーラー万年筆から発売されている
日本の四季の情景を色で表現したシリーズで、
インク以外にも様々な筆記具で展開されています。
インクは全20色展開されています。

万年筆インクと聞くと、万年筆がないとダメ?
と思う方もいるかもしれませんが決して
そんなことはありません。

動画のように綿棒やガラスペン、つけペン、
水筆などの画材を使って水彩インクのように
楽しむことが可能です。

もちろん万年筆に入れて文字を書くのが
本来の使い方です。万年筆と聞くと少し
ハードルが高いと思う方もいるかもしれませんが
今は安いものだと300円くらいから入手できます。

リーズナブルな万年筆から試してみて
万年筆とインクの世界を体験してみるのも
よいかもしれません。

②桜森

書き始めは明るいピンクですが、乾いていくと
名前のとおり優しい桜色に落ち着きます。

ティッシュで拭き取ったインクにはうっすらと
オレンジも見え隠れします。気分が明るくなる
ピンク色は今の時期にぴったりです。

③夜桜

紫とピンクの間をたゆたうような、少しくすんだ
渋めの桜色です。夜に咲いた桜の花が明かりで
照らされたような、情緒あふれる桜色です。

④インクの濃淡を楽しもう

万年筆インクはたっぷり使うと
乾いた後に美しいインクの濃淡が現れます。
奥行きが加わりさらに美しさが増します。

⑤交互に書くとさらに綺麗

それぞれを単体で使ってももちろん綺麗ですが
桜色のこの2色は色調が似ているので
組み合わせるととても相性が良いです。

⑥一文字ずつ交互に色を変えて書くコツ

前のインクが乾かないうちに、次のインクを
線の終わりにぶつけるようにして文字を繋げます。
2色が紙の上で交わりグラデーションのような
きれいな混色が生まれます。このとき
インクの量はたっぷり、汁だくがオススメ!

動画では専用のつけペンを使っていますが
太めのガラスペンや綿棒でも代用可能です。
1色につきペン1本、計2本のペンが必要です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

万年筆インクはここ最近いろんな色が矢継ぎ早に
各社から発売され、今とてもアツい!

インクにはまることをインク沼と呼びますが
僕もどっぷり頭の先まで沼に浸かっています。

万年筆インクの良さは色と濃淡の美しさ。
ボールペンやマーカーでは味わえない独特の
線のゆらぎにとても心癒されます。

万年筆インクで文字を書くひとときは
心が落ち着きとてもぜいたくな時間です。
ぜひ参考にしてみてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この動画がいいなと思ったらフォローといいねを
してくれると嬉しいです!

■参考情報/Yahoo!ショッピング
・セーラー万年筆 桜森
https://shopping.yahoo.co.jp/products/z4el1efvcg
・セーラー万年筆 夜桜
https://shopping.yahoo.co.jp/products/z4el1efve7
・神戸派計画 グラフィーロ
https://shopping.yahoo.co.jp/products/z44n8n6osd?sort_item=1

<その他使用画材>
・ガラスペン 佐瀬工業所
・つけペン ブラウゼ オーナメントニブ 3mm
・ペン軸 カランダッシュ

…続きを読む