専門マスター

  • いいね

「食戟のソーマ」葉山アキラの「炙りサンマのカルパッチョ」を、プロが再現 ~【漫画飯】~

BELCORNO

シェフ/ラテアーティスト

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

プロのシェフが漫画・アニメ・映画に出てくる料理やスイーツを再現する「ベルコルノの漫画飯」。

ご覧頂きありがとうございます、気に入って頂けましたら、「フォロー」「いいね」をお願いします^^

今回は、「食戟のソーマ」(原作:附田祐斗先生、作画:佐伯俊先生(集英社))より、「炙りサンマのカルパッチョ」を再現しました。

原作、12~13巻で行われた「秋の選抜の決勝戦」、創真、黒木場、葉山の3つ巴の「サンマ対決」で、葉山アキラ(CV:諏訪部順一さん)が出した品がこちらです。

「香りの天才」葉山アキラの料理ですから、どんなすごいスパイス・ハーブが登場するかと思いきや、使用したのは「オールスパイス」ただ一つ。葉山は、「香りの引き算」をすると同時に、仕上げにサンマを炙ることで引き出す「素材の香り」を皿の上で同時にプロデュースする、という内容です。

特に提供前に「かえし」を塗ったのは秀逸で、甘く濃く、深い味わいとともに、日本人なら誰もが琴線に触れるであろう「焦がし醤油」の薫りが食欲をそそります。

調理工程・素材に関しては、特別なことはありません。材料はスーパーでも手に入りますし、最後のガスバーナーもネットショッピングやホームセンターで、1000円そこそこで購入することができます。魚の三枚おろしさえ出来れば、皮を引く必要もない(仕上げに炙るので)ですし、ご家庭でも作ることができます。

ただ、やはり生で食べるという点。それから、味の濃い「かえし」を合わせるという点で、サンマの質にはこだわりたいところ。味の薄いサンマでは かえしに負けてしまうため、良いサンマを使うようにしましょう。

元のレシピが抜くレシピだったため、小骨は抜いていますが、正直どっちでもいいと思います。プロが刺身として出す場合も、サンマの場合は抜かずに提供する人もいますので。

「俺のカルパッチョはメインを張る」の言葉どおり、力強い料理で、十分に主役となれる皿です。逆に前菜として提供するなら、もう少しビネガー(レモン汁でも可)で酸味を効かせてさっぱり仕上げたほうが、コースの前菜向きになるかと思います。

さすが、「秋の選抜」優勝メニュー。とても美味しいお料理でした!

ごちそうさまでした!

==============

【 色々な「漫画飯」を再現しています。】

ご興味を持って頂けましたら、是非フォローをお願いします!

==============

【 元ネタ紹介 】
作品:食戟のソーマ  原作:附田祐斗先生、作画:佐伯俊先生
Yahooショッピングで探す… http://ur0.work/Wpqm

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ベルコルノ(伊藤雄一) … ラテアートも得意とする、愛知県のイタリア料理「BELCORNO」のシェフ。ラテアート、お料理のお仕事依頼承ります。 詳細はプロフィールページをご覧下さい!

シェア

いいね

コンテンツへの感想