専門マスター

「神戸ルミナリエ2019」をラテアートで描く動画

BELCORNO

シェフ/ラテアーティスト

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

今年も神戸で「ルミナリエ」が始まっています。

関西以外の最近の若い子なんかは、単純に年末のイルミネーションイベントと思っている人も多いと思いますが、阪神・淡路大震災の鎮魂と、街の復興への祈りを込めて始まりました。

僕は大学から12年間関西に住んでいて、大学も兵庫県、勤務地も5年ほど神戸で働いたものですから、やはり思い入れのあるイベントです。直接被災はしていませんが、当時のことは多くの方から耳にしました。まだ心に傷を抱えた方も沢山沢山おられると思います。ルミナリエというイベントの根底に流れるメッセージが、少しでも多くの方に届けばと心から思います。

ラテアートのモチーフとしてはかなり細かいもので、正直色を塗ったり光らせたりということまでせずに、モノクロや線だけで仕上げてもよかったかもしれません。それでもやっぱり、「光」を灯したかったという気持ちから、光るラテアートでの表現となりました。

光るラテアートは、数年前に話題になった「光るカクテル」と同じ要領です。

光るカクテルは、海外のトニックウォーターや、リポビタンD、アリナミンといったエナジードリンクを使ってドリンクを作り、ブラックライトを当てると蛍光色に発光するというものです。

これはトニックウォーターに含まれる「キニーネ」という成分や、エナジードリンクに入っているリボフラビン、リボフラビンリン酸エステルナトリウムなどの「ビタミンB2」が、紫外線に反応するためです。

飲んで体に悪いモノでは全くなく、エナジードリンクなのでむしろ元気になる?気もするのですが、まぁなかなか視覚的なインパクトが強いので、「飲みたい!」とはならないかと思います(苦笑

気になるお味のほうはというと、正直、予め言われてなければ、味覚の鋭い人じゃないと気づかないレベル。ちょっと甘味があるなという程度(塗る量にもよりますが)です。

ただ、香りは独特の「エナジードリンク臭」がカップに鼻を近づけたときにふんわりと漂いますので、それで気付く人もいるかも。

いずれにしても、店舗でお客様に出す商品というよりは、仲間内でネタとして楽しむラテアートだと思いますが、アイデア次第で色々な使い方が出来ると思います。

神戸ルミナリエ2019は、15日(日曜)までの開催です。

==========================================

僕のラテアートは「エッチング」と呼ばる技法です(対して、ミルクを注ぐ時のピッチャーの動きだけでハートやリーフなどの模様を描く技法を「フリーポア」と呼びます)。

さらに、このエッチングにカラー(色)の要素を加えた、フルカラー・ラテアートが僕のスタイルの特徴です。流れとしては、基本的には下記の通りです。

1 エスプレッソを抽出する。

2 フォームドミルクをスチームする。この時点で、出来る限りキメ細かいミルクを作るのがポイント。

3 エスプレッソにフォームドミルクを注ぐ。

4 チョコレートシロップで絵を描く。道具は「フェルト針」と「爪楊枝」を使用しています。

5 色を塗る。製菓用の食紅と、エスプレッソを使って色を乗せていきます。道具は100均の「耳かき」を使用しています。食紅は可食性のもので、もちろん飲むことが出来ます。

6 飲む。飲むところまでが、ラテアート。綺麗に飲んでいけば、絵柄が最後まで残ります。

ラテアートの様々な可能性を、どうぞご堪能ください!

==============

【 色々な「漫画飯」の再現や、ラテアートを描いています。】
ご興味を持って頂けましたら、是非フォローをお願いします!

==============

神戸ルミナリエオフィシャルサイト … http://kobe-luminarie.jp/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ベルコルノ(伊藤雄一) … ラテアートも得意とする、愛知県のイタリア料理「BELCORNO」のシェフ兼バリスタ。ラテアート、お料理のお仕事依頼承ります。 詳細はプロフィールページをご覧下さい!

…続きを読む

専門マスターの新着作品

すべて見る

こちらのクリエイターもおすすめ

すべて見る

タグから探す

すべて見る