専門マスター

ラテアートで描く「半沢直樹」~ 黒崎 駿一(金融庁 → 国税局)~

BELCORNO

シェフ/ラテアーティスト

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

日曜夜のTBSドラマ「半沢直樹」。
毎週、名言・名シーンの連続で、近年では驚異的な視聴率も頷けます。

原作の面白さ、脚本のすばらしさもさることながら、俳優さんの演技がとにかく熱い!

TVドラマなのに、まるで歌舞伎か舞台を見ているかのような圧倒的なエンターテインメント。演者には歌舞伎俳優さん、舞台俳優さんが多いので、そりゃそうだと言われるかもしれませんが、あれだけの演技力の方々ですから、「もっとテレビドラマっぽく」、「もっと自然体に」演ろうと思えばいくらでも出来るひとたちが、あえてあぁいう演技をされている演出。見ているこちらも手に汗握る、感情を揺さぶられるようなドラマで本当に面白いです。

そんな「半沢直樹」2020年版も、いよいよ明日で最終話。登場人物の中から一杯ラテアートを描いてみました。

途中で金融庁から国税局への異動を余儀なくされてしまった黒崎さん。演じられる片岡愛之助さんの怪演でオネェキャラが光っています。先週の放送では半沢の味方に回り、見事な立ち回り。かっこよかった!

明日の最終話が楽しみです。

【ラテアートモチーフ】
黒崎 駿一(演:片岡愛之助さん)~ TVドラマ「半沢直樹」より

「TBSドラマ半沢直樹」・・・原作:小説「半沢直樹シリーズ」(著:池井戸潤)

=========================================

僕のラテアートは「エッチング」と呼ばる技法です(対して、ミルクを注ぐ時のピッチャーの動きだけでハートやリーフなどの模様を描く技法を「フリーポア」と呼びます)。

さらに、このエッチングにカラー(色)の要素を加えた、フルカラー・ラテアートが僕のスタイルの特徴です。流れとしては、基本的には下記の通りです。

1 エスプレッソを抽出する。

2 フォームドミルクをスチームする。この時点で、出来る限りキメ細かいミルクを作るのがポイント。

3 エスプレッソにフォームドミルクを注ぐ。

4 チョコレートシロップで絵を描く。道具は「フェルト針」と「爪楊枝」を使用しています。

5 色を塗る。製菓用の食紅と、エスプレッソを使って色を乗せていきます。道具は100均の「耳かき」を使用しています。食紅は可食性のもので、もちろん飲むことが出来ます。

6 飲む。飲むところまでが、ラテアート。綺麗に飲んでいけば、絵柄が最後まで残ります。

ラテアートの様々な可能性を、どうぞご堪能ください!

==============

【 色々な「漫画飯」の再現や、ラテアートを描いています。】
ご興味を持って頂けましたら、是非フォローをお願いします!

==============

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ベルコルノ(伊藤雄一) … ラテアートも得意とする、愛知県のイタリア料理「BELCORNO」のシェフ兼バリスタ。ラテアート、お料理のお仕事依頼承ります。 詳細はプロフィールページをご覧下さい!

…続きを読む

専門マスターの新着作品

すべて見る

こちらのクリエイターもおすすめ

すべて見る

タグから探す

すべて見る