専門マスター

「ご注文はうさぎですか?」の「グンデルパラチンタ」を作ってみた ~【漫画飯】~

BELCORNO

シェフ/ラテアーティスト

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

ご覧頂きありがとうございます、気に入って頂けましたら、「フォロー」「いいね」をお願いします^^

今回は、「ご注文はうさぎですか?」(原作:Koi先生、芳文社))の原作7巻で出てくるバレンタイン回。実はあるサプライズのカモフラージュ要素もあるのですが、チヤが作るというチョコレート菓子「グンデルパラチンタ」がテーマです。

リゼが「生チョコトリュフ」、シャロが「オペラ・ショコラ(様々なクリームを層にしたフランス菓子)」、ココアが「シュヴァルツヴェルダーキルシュトルテ(ドイツのチョコレートケーキ)」を作る中、一際インパクトを放つ千夜の「グンデルパラチンタ」。まるで呪文のようなその名前(ココアのも必殺技感ありますが)は、どんなお菓子か想像がつかない人が殆どではないでしょうか。

そこで、「グンデルパラチンタ」とはどういうものか、実際に作ってみました。

グンデルパラチンタは、ハンガリーのスイーツです。「パラチンタ(Palacsinta)」はラテン語の「プラケンタ(Placenta)」が語源で、「平たいケーキ」を意味します。「グンデル」は高級レストランの店名で、オーナーシェフのグンデル・カーロイ氏がこれをスペシャリテとして出したことで有名になり、パラチンタの代名詞的存在になりました。

ヨーロッパでは知られていますが日本では相当マニアックなスイーツなので、Koi先生はよくこれを出されたなぁ・・・と、読んだときは正直驚きました。

「平たいケーキ」の名のとおり、クレープ状に焼き上げた生地に、砕いたクルミ、オレンジの皮、レーズンを使ったフィリングを包み、ダークチョコレートとココア、生クリームを使ったチョコレートソースをかけてラム酒でフランベというのがその概要です。細かいレシピは非公開とされているので分量は僕のイメージで作っていますが、大人の味の、とても美味しいデザートです。

作中では絵としては一コマしか出てきませんが、リゼのコメントからすると、チヤはこれの隠し味に「餡子」を入れている模様。チョコレートソースの方に入れてしまうとチョコの艶やかさがなくなってしまうので、入れるとしたらフィリングの方ですね。最初生クリームに入れる砂糖を少し減らして、餡子を加えて炊き上げれば・・・すごく甘そうですが、意外と美味しく仕上がる気もします(和風クレープみたいな?)。餡子を仕込む時点で甘さを控えめにしておき、バランスを取れば完璧かも。

今回は「本家グンデル」を作ることが目的だったので「餡子入り」はやりませんでしたが、機会があればチャレンジしてみたいです。技術的にはフィリングの煮詰め具合がポイントなぐらいで、難易度自体はそれほどは高くはなく、ご家庭でも再現可能な漫画飯だと思います。

==============

【 色々な「漫画飯」を再現しています。】
ご興味を持って頂けましたら、是非フォローをお願いします!

==============

【 元ネタ紹介 】

作品:ご注文はうさぎですか?
原作:Koi先生、出版:芳文社

Yahooショッピングで探す… https://00m.in/mIEJg
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ベルコルノ(伊藤雄一) … ラテアートも得意とする、愛知県のイタリア料理「BELCORNO」のシェフ。ラテアート、お料理のお仕事依頼承ります。 詳細はプロフィールページをご覧下さい!

…続きを読む