How to

  • いいね

シーズンオフやお下がり服の、ラクラク管理・収納方法

ベリー

ブロガー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

中学生から2歳半まで4人の子供がいるので、家で管理する子供服のサイズも、90センチから160センチまで幅があります。

衣替えやお下がり服をとにかく簡単に管理・収納したくて、工夫してきました。いろいろ試してたどりついたのが、「サイズごとに箱に入れる方法」です。

箱は、100円ショップで購入できる組み立て式の段ボールボックス。A4サイズの書類が入る大きさのものを使っています。その段ボールボックスの側面に「90」「100」「110」などラベルを貼り、「90」の箱には、90センチサイズの服を入れるのです。

ラベルは「ピータッチ」で作っています
ラベルは「ピータッチ」で作っています

ひとつの箱に、半袖も長袖も、たたんで入れています。甚兵衛などの季節服も、他に分けることなく、一緒に入れます。

長袖も半袖も、一緒に入れます
長袖も半袖も、一緒に入れます

以前は箱ではなく、圧縮袋を使って収納していました。そうすると、コンパクトに圧縮して収納できるものの、必要なものを取り出すのがとても面倒でした。探しにくいし、取り出しにくい。取り出せたら取り出せたでシワシワになってしまっていて、今考えると、ストレスを感じながら服を出し入れしていました。

段ボールボックス収納であれば、出し入れがとても簡単です。100センチの長袖が必要になれば、「100」の箱を取り出して、必要な服をささっと探せます。取り出した服はクシャクシャになっていることもなく、取り出したらすぐ着せることだってできる。私にとってはとても気ラク、簡単な収納方法なのです。

ちなみに、ハンガーにかけて管理・収納しているものもあります。ダウンコートや、体が大きくなった上の子たちの服は、畳んでもかさばるので、箱には入りません。そのような服は、寝室のクローゼットにハンガーにかけて収納しています。ハンガー収納も、出し入れ簡単な収納方法のひとつ。クローゼットの扉を開ければ、必要な服が取り出せます。

段ボールボックスは、クローゼット上部の棚に並べて置いています。

A4サイズの箱なら、服がたくさん入っていても重たくなりすぎません
A4サイズの箱なら、服がたくさん入っていても重たくなりすぎません

そろそろ半袖服がほしいなあと思ったら箱を下ろして、半袖を少し出す。そして、厚手の長袖服をまずしまう。さらに気温が上がってきたら、半袖服を全て箱から出し、薄手の長袖服もすべて箱へ。箱を使った収納であれば、何回かに分けて服を入れ替えるものラクですよ^ ^。

文・写真 ベリー

60平米賃貸マンションで4人の子供を育てるワーキングマザー。夫婦双方の実家から遠く離れて住む核家族。ブログ「ベリーの暮らし」にはラク家事・ラクごはんでシンプルに心地良く生活できるよう工夫していることなど、日々の暮らしを綴っています。

▽暮らしで使うものは、管理しやすさ、手入れのやすさを重視しています。弁当箱や水筒も、洗いやすいものを使っています(ブログ「ベリーの暮らし」より)。

洗いやすい、おすすめの弁当箱

Instagram: berry.kurashi

シェア

いいね

コンテンツへの感想