タイトル画像

How to

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

フルタイムワーママ、6人分のごはん作り。休日のランチにおすすめな「簡単パスタ」

ベリー

ブロガー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

フルタイム共働きで、子ども4人を育てています。子どもは、中学生から保育園児まで。みんな食べることが大好きで、よく食べます。

休日のランチには、パスタをどさっと作ることが多いです。休日は平日とは違って、1日3食用意することになりますから(外食しない限りは)、キッチンに立つ時間はなるべく短く、なるべくラクに。パッと食べられるものを用意します。

よく作るのは、パスタです。家にある材料を組み合わせて作りやすいし、自分の手を動かす時間も短くて済みます。

例えばこの日は、鶏団子とミニトマト入りのトマトソースパスタ。パスタは小さな子どもでも食べやすい、ショートパスタを使うことが多いです。

材料は、ショートパスタに市販のパスタソース、冷凍庫にあった鶏団子(こちらも市販品)とミニトマトです。パスタは先日使ったものの残りも合わせて。この日はいちばん上の子がいない日だったので、5人分で500gくらいのパスタを使いました。

パスタを茹でるお湯を用意している間に、パスタソースを用意します。冷凍の鶏団子と、洗ってヘタを取ったミニトマト、トマトソースをフライパンに入れます。そしてオリーブオイルを大さじ1~2、好きな量加えます。風味が出て美味しくなります。

お湯が沸いたら、パスタを茹でます。今回は2種類を混ぜたので、袋に書かれたそれぞれの茹で時間を確認して時間差でパスタを投入。

茹でている間に、パスタソースが入っていた瓶にパスタの茹で汁を少々加えます。フタをしてシャカシャカ振ると、瓶に残ったソースが緩むので、それもフライパンに加えるためです。こうすれば、パスタソースを余さず使えます!

パスタが茹で上がる頃には、ソースも十分に温まっています。混ぜたらできあがり!パスタが2種類混ざっているので、食感も2種類楽しめます。

鶏団子の代わりにベーコンやウインナーを使うこともあります。ミニトマトも入れたり、入れなかったり。冷蔵庫の中身を見ながら、あるものを使う感じです。

休日はごはんを用意する回数が増えて大変。できる限り簡単に作りたいものですよね。20分ちょっとで用意できる簡単パスタランチ、ぜひ試してみてください^ ^。

文・写真 ベリー

子ども4人、実家遠方のフルタイム共働き、60平米賃貸マンションに6人暮らし。ブログ「ベリーの暮らし」(外部リンク)を毎日更新。ラクして部屋が整う工夫を考えることが大好き。教育費を抑えつつも成績上位キープを目指して、塾なし家庭学習8年目の日々などを綴っています。

Instagram: berry.kurashi(外部リンク)

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。