タイトル画像

モノ/ガジェット

  • いいね

デスクの見た目をワンランクアップ!MIWAX The Desk Matは高コスパなデスクマット

バルキー/ENHANCE

ガジェットブロガー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

コロナ禍の昨今、リモートワークが推奨され自宅で仕事をしている方多いかと思います。とはいえ、やっぱり自宅で仕事となるとモチベーションも下がりやすいですよね。

今回はデスクの見た目をワンランク上げて、やる気があがっちゃうようなデスクマットを紹介したいと思います。

いつものデスクがしまって見えて同じキーボードやマウスを置いていても、全く別のデスクに座っているように感じます!

MIWAX The Desk Mat

MIWAXはカッティングマットやデスクマット専門ブランド。カッティングマットやデスクマットなどを日本で初めて開発した老舗メーカーの株式会社ミワックスが展開していて、長年のノウハウを生かしたブランドになります。

高級PVCレザーを使用している
高級PVCレザーを使用している

PVCレザー製、いわゆる合皮から作られています。合皮とは思えない本革のような質感で、お値段も2,000円程度とお手頃。

裏面は滑りやすい
裏面は滑りやすい

裏面はサラッとしていて、そのままだとスルッと滑りずれてしまいます。付属でずれ防止シートがあるので、これを使った方がいいかもしれません。シートは糊を使っておらず吸着シートになっているので、洗えば何度でも使えるのが地味に嬉しいポイントです。

フルサイズキーボードとマウスを置いた状態
フルサイズキーボードとマウスを置いた状態

サイズは620mm x 300mmで、厚みは0.9mmになっています。実際にテンキーのあるキーボードとマウスを置いてみると、こんな感じのサイズ感になります。

12色展開で物撮りの背景にも使える

筆者が選んだのは、真っ黒というよりも少しグレーがかった「シーガルブラック」という色。落ち着いていて色々なPCデスクにも合わせやすいので非常に好みです。

シーガルブラック以外にも多色あり計12色にもなるカラバリです。落ち着いた茶や黒から、黄色やオレンジなど派手めなカラーも展開しているので、物撮りの背景にも使えちゃいます。

オーダーメイドでデスクに合わせたサイズも

引用: MIWAX 公式サイトから
引用: MIWAX 公式サイトから

デスクサイズは人それぞれ、またデスクマット上に置きたいものも人それぞれ変わってくると思います。

こちらの既成サイズが「小さすぎる」、「大きすぎる」人にも合わせられるようにMIWAXではオーダーメイドができます。

長さや奥行きはもちろんのこと、角丸のR具合など、さらには自由な形にもできるとのことです。

デスクを保護するだけでなく上品にまとめる

作業の効率化を上げるアイテムではありませんが、デスクマットを敷くことでデスクを保護するだけでなく、引き締まり見た目ガラッと変わります。自宅での仕事も見た目をフレッシュにしてモチベーションを上げるのも良いですよ!

シェア

いいね

コンテンツへの感想