タイトル画像

Switchドックがケーブルに!?超小型で持ち運びに便利なドックを発見しました

バルキー/ENHANCE

ガジェットブロガー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

Nintendo Switchは内蔵ディスプレイでそのまま遊べるモバイルゲーム機ですが、テレビとつなげて大画面でもプレイでき据え置き型として使えるので、ユーザーにあったスタイルで遊べます。

SwitchをテレビにつなげるにはSwitchドックが必要になりますが、結構な大きさで持ち運ぶにはかさばります。

今回はそんなSwitchドックがちょっとしたポーチにも入るほどコンパクトになった「CNSLミニドック&交換ケーブル」を紹介したいと思います。

Switchドックが小型化!CNSL ミニドック&交換ケーブル

CNSLミニドック&交換ケーブル
CNSLミニドック&交換ケーブル

こちらがCNSLミニドック&交換ケーブル(以下CNSLミニドック)です。名前がなんのこっちゃとなりますが、要するにSwitchドックとHDMIケーブルが一体化されたものになっています。

重さは50g、全長は1.2m、本体部分は横が59mm / 縦29mm。もうほとんどケーブルといっても差し支えないのではないでしょうか。

USB-C(Switch側)、HDMI(テレビ・モニター側)
USB-C(Switch側)、HDMI(テレビ・モニター側)

一端はSwitchに差し込むUSB-Cプラグと、テレビやモニター側に差し込むHDMIプラグになっています。

真ん中本体はUSB-C(給電)とUSB-A(データ)
真ん中本体はUSB-C(給電)とUSB-A(データ)

それぞれのケーブルが生えている真ん中には給電用のUSB-C、データ通信用のUSB-Aポートが搭載されています。

左側の純正SwitchドックとHDMIケーブルがCNSLミニドック1本でまかなえるようになります。

SwitchにつなげてTVモードでプレイ

モニターにHDMI
モニターにHDMI

SwitchにUSB-C
SwitchにUSB-C

本体には給電用のUSB-C
本体には給電用のUSB-C

CNSLミニドックはHDMIをモニター、USB-CをSwitch、そして本体のUSB-Cポートには15V/3Aをサポートする充電アダプタから電源をとります。

CNSLミニドックのHDMI・USB-Cケーブルは短すぎず長すぎず。丁度いい塩梅で取り回しが良いです。

ということで、早速CNSLミニドックを使ってSwitchでTVモードでプレイしてみました。結果からいうと、あっさりとモニターへ映せてビックリ。購入した当初はSwitchドックがこんなに小さくなって不安でしたが、プレイ中も純正と変わらぬ操作感でカクつくことや点滅するなんてことはありませんでした。

どこでも大画面でプレイできるSwitchのお供

今回はSwitchドックとHDMIケーブルを一体化したCNSLミニドック&交換ケーブルの紹介でした。

このCNSLミニドックはほとんどケーブル1本と言ってもいいほどコンパクトな作りになっているので、ポーチにもサッと忍び込ませておけるので持ち運びがめちゃくちゃ楽。

また、SwitchだけでなくUSB-Cポートを搭載したスマホやPCなどにも使えるので、遊びだけでなく仕事にも活躍しちゃいます。

気になる方はぜひチェックしてみてください。

シェア

いいね

コンテンツへの感想