専門マスター

【2分書評】2018年本屋大賞!かがみの孤城/辻村深月

文学YouTuberベル

文学YouTuber/ブックチューバー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

私は初めて本屋大賞受賞作を読んだのですが、"かがみの孤城"を読んで納得しました。これは売りたい!おすすめしたい!

"かがみの孤城"は、学校生活を軸にした感動ファンタジーです。

["かがみの孤城"あらすじ・概要]
主人公の女子中学生安西こころは、ある出来事がきっかけで不登校に。引きこもる生活が続く中、ある日、部屋の鏡が光ります。手を伸ばすと、中に引きずり込まれる!目を開けた先にはお城、オオカミ様と呼ばれるオオカミのお面を被った幼女。そして、6人の同じくらいの歳の男女。約1年の間に城に隠された"願いを叶える鍵"を探すよう伝えられるが、彼らにはある共通点が。"学校生活に馴染めない"さあ、願いを叶えられるのは1人だけ。7人の行動は?現実の世界での変化は?鏡の世界の創造者・目的は?すべてが繋がった時、感動に包まれます。

550頁の長さは感じません。読みやすく、謎が幾重にも重なり、次が気になるストーリー展開です。勇気と救いにあふれています。
学校に馴染めない経験のある方や、お子さんの学校のことで悩んでいる親世代の方にぜひ読んでいただきたいです!

…続きを読む

専門マスターの新着作品

すべて見る

こちらのクリエイターもおすすめ

すべて見る

タグから探す

すべて見る