タイトル画像

トレンド/カルチャー

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【文京区】区民は災害対策になんと2万円の補助アリ?!皆さん災害対策はお済ですか?

文京地域探犬隊

地域クリエイター・地域情報発信ライター(東京都文京区)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

文京区白山で防災イベントがある、と聞きつけさっそく参加してきました。

この日はご近所の方が集まり、

  1. 白山の古地図を持って防災啓発ボランティア「ご近所de BOSAI」さんとまち歩き
  2. カフェ「VaLerio Luana」さん店内でレクチャー

のプランです。

「ご近所de BOSAI」アッコさん、まちぶら歩きの梅村俊一先生
「ご近所de BOSAI」アッコさん、まちぶら歩きの梅村俊一先生

防災支援

今回のイベントで一番驚いたのが、
文京区民であれば家具転倒防止器具の設置に2万円まで補助が出る、ということでした。

防災までお金がまわらない…という一人暮らしの学生さんも、もちろん対象です。

食器棚と天井の間を縦の突っ張り棒で固定するイメージですね。

家具転倒防止器具設置助成交付申請書
家具転倒防止器具設置助成交付申請書

簡単にまとめると、

家具が倒れてこないように転倒防止器具を設置する費用を、上限2万円まで文京区が助成

  • 文京区内に在住の方
  • 住宅1戸につき1回
  • 個人で自由に器具を買うのではなく、指定の業者に依頼
  • 業者さんが訪問、器具を決めて設置してくれる

申請の手間はありますが、ほかの自治体共通の施策ではないので、文京区民の方々にはぜひ積極的に利用していただきた制度です。

ご近所コミュニケーションまちぶら

白山のまちぶら歩きでは、梅村先生の解説のもと、
江戸時代、明治、現在の地図を持ってブラタモリのように歩きます。

梅村先生の解説を聞きながら白山をぶらぶら
梅村先生の解説を聞きながら白山をぶらぶら

防災という目線では、倒れそうな物や落ちてきそうな物を見ながら日ごろ歩いておくのも大事だそうです。

かつてこの土地がどう利用されていたか?も探ります。
都電が通っていたり、川が流れていたりと歴史深い。

かつての川に沿ってマンホールが設置されている様子、現在は下水道
かつての川に沿ってマンホールが設置されている様子、現在は下水道

先ほどまで見知らぬ人同士だった人とあ~だねこ~だねと言いながらブラブラしたら、
いざ惨事の時の大事なつながりになるかもしれません。

恋の炎とともに火事を起こしたとされる八百屋お七ゆかりの場所
恋の炎とともに火事を起こしたとされる八百屋お七ゆかりの場所

八百屋お七が祀られているお墓
八百屋お七が祀られているお墓

「ご近所de BOSAI」のイベントは、
東北の方から「東京の人は震災を忘れてしまったのではないか?」と言われたことをきっかけに、定期的に開催しているそうです。

イベント参加という形ではなくとも、いざという時の助け合いのためにも、
ご近所さんと日ごろからコミュニケーションを取っておきたいですね。

文京区では最近地震による停電があったのも記憶に新しいところです。
災害対策、やっていますか?

次回以降まち歩きイベント予定

イベントのお問い合わせはVaLerio Luanaさんまで

  • 本郷・本駒込方面
  • 8月21日(レクチャーのみ)
  • 10月16日、12月18日

VaLerio Luanaさんご紹介記事:
【文京区】異色コラボ!ジムトレーナー考案、懐石料理の先生が作る低脂質高たんぱく弁当。お抹茶を添えて。

VaLerio Luana(ヴェレリルアーナ)
公式ホームページ(外部サイト)
東京都文京区白山1-26-17
フィル・パーク白山ヒルズ2階

家具転倒防止器具設置助成事業について
文京区ホームページ(外部サイト)
東京都文京区春日1丁目16番21号
文京シビックセンター15階北側
危機管理室防災課
電話番号:03-5803-1179

関連記事

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。