専門マスター

  • いいね

【ハイエース・キャブコンキャンピングカー】ベリーREという選択肢。日本の道路事情に合う装備充実モデル

キャンピングカーライフ

モータージャーナリスト

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

ハイエースベースキャブコン「ベリーRE」の動画はこちらから

貴重なコンパクトキャブコン

こんにちは。モータージャーナリストのKです。

トラックなどのベース車にシェル(居住部分)を架装する本格キャンピングカーは、「キャブコン」と呼ばれています。キャブコンは、トヨタから専用にリリースされている「カムロード」がベースのモデルが大半です。

ところが、この「ベリー・タイプRE」は、ハイエースの標準ボディがベース。乗り心地がよく、全長5m未満のサイズで走りもスマートです。

4人でも十分寝られる

ボディはコンパクトですが、対面のダイネットはフロアベッドへと展開でき、さらにルーフ部にはバンクベッドを設営可能です。

4人家族でも十分寝られます。ふたり旅なら、とても贅沢な空間ですね。

発電機の搭載が可能

ベリーREには、ホンダの小型発電機EU16iの搭載が可能です。家庭用エアコンは標準装備。

さらにベリーREを詳しくお知りになりたい方は、冒頭のYou Tube動画をご覧になっていただけると幸いです。

シェア

いいね

コンテンツへの感想