タイトル画像

専門マスター

  • いいね

【コング】軽キャンピングカーの元祖「トライキャンパーのDNA」が最高?ロングセラーの秘密!

キャンピングカーライフ

モータージャーナリスト

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

軽キャンピングカー【コング】の詳細動画はこちらから

トライキャンパーのDNAその1「ベッド展開が楽」

こんにちは。モータージャーナリストのKの弟子Mです。

日本で最初の量産型軽キャンパーはスバル・サンバーベースの「トライキャンパー」です。

すでにスバル版のサンバーはもうありませんが、そのDNAを引き継ぎつつフィールドライフがエブリイベースで作り上げたのがこの「コング」。

オリジナルのソファシートを装備し、ベッド展開が簡単にできるのはトライキャンパー同様です。

トライキャンパーのDNAその2「ロングカウンター」

コングには、ヨーロッパ車のようなロングカウンターが備わっています。

車内のどの位置にいてもカウンターに手が届く、というレイアウトは実に使いやすいものです。軽キャンパーでそれを実現しているモデルはほとんどありません。

トライキャンパーのDNAその3「丈夫なポップアップルーフ」

コングはポップアップルーフの作りの良さもトライキャンパー譲り。ルーフテントは耐水圧1000mmの丈夫なものです。

さらに「コング」を詳しくお知りになりたい方は、冒頭のYou Tube動画をご覧になっていただけると幸いです。

シェア

いいね

コンテンツへの感想