タイトル画像

専門マスター

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

車中泊に最適のアウトドアコンテナ!廃タイヤチューブ素材を使ったSEALのアウトドアシリーズの魅力!

キャンピングカーライフ

モータージャーナリスト

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

車中泊に最適のアウトドアコンテナ!廃タイヤチューブ素材を使ったSEALのアウトドアシリーズの詳細動画はこちらから↓

【アウトドアギアコンテナの特徴その1】荷物をとことん入れられる開口部

こんにちは!モータージャーナリストKの弟子Mです。

SEALの「アウトドアギアコンテナ」は、素材に廃タイヤチューブを使っている大型バッグ。

開口部はガバっと大きく開く仕様になっており、ランタンやカトラリー、折り畳み式のミニテーブルなども難なく入れることができます。

このほか、天面にはファスナーで開閉可能な収納、側面には小物を入れて置けるミニポケットも備わっています。

【アウトドアギアコンテナの特徴その2】肩から提げて持ち運びOK!

アウトドアギアコンテナは、キャンピングカーのベッド下にも収まりやすいサイズ感。

そのため、肩から提げてバッグとして持ち運ぶこともできます。中に何も入れていないときなどは、コンパクトに畳んでおくことも可能で、かさばりにくいのも嬉しいポイントです。

クルマを止めた場所から、キャンプサイトまで離れているシーンなどでも活躍しますね。

【アウトドアギアコンテナの特徴その3】メスティン専用ケースも!

SEALのブランドにはアウトドアギアコンテナのほか、メスティンケースもあります。
こちらも素材に廃タイヤチューブを使用しており、SDGsなアイテムです。

ファスナーには引手が付いており、ここにカラビナを付けて、キャンピングカーの車内に引っ掛けておくというオシャレな使い方もできますね。

さらに、「SEAL OUTDOORギアコンテナ」を詳しくお知りになりたい方は、冒頭のYou Tube動画をご覧になっていただけると幸いです。

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。