タイトル画像

専門マスター

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

部屋が2つあるキャンピングカー!シャワールーム付きハイエースキャンパー「カントリークラブ」の装備!

キャンピングカーライフ

モータージャーナリスト

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

部屋が2つあるキャンピングカー!シャワールーム付きハイエースキャンパー「カントリークラブの詳細動画はこちらから↓

【カントリークラブの特徴その1】フロントと居住部分を分けるロングカウンター

こんにちは!モータージャーナリストKの弟子です。

レクビィのカントリークラブは、ハイエースをベースとしたバンコンキャンピングカーです。

スライドドアを入ってすぐ左手には、フロントシートと居住部分を分けるようにしてロングカウンターが配置されています。就寝時の荷物置き場として便利です。

ロングカウンターのシンクは、焼き物の一種である織部焼でできています。そのほか上部収納など、カントリークラブの内装には和モダンなテイストが散りばめられています。

【カントリークラブの特徴その2】ロングカウンター角にある冷蔵庫

カントリークラブの冷蔵庫は、ロングカウンターの角のところにビルトインされており、運転席側のベッドからも手が届きやすいです。

冷蔵庫の容量は約49ℓ確保。家族旅など複数人でのクルマ旅のシーンにも、人数分のドリンクを入れておけますね。

【カントリークラブの特徴その3】リヤのシャワールームにも備わったシンク

カントリークラブの内装リヤ側には扉があり、その先は完全防水仕様のシャワールームになっています。

シャワールームとしてのほか、ポータブルトイレを置いたり、汚れたギアを気にせずそのまま積んだりと、使い方の幅が広がりそうですね。

シンクはシャワールーム内にもあり、朝の身だしなみを整えたいときなどに便利です。

さらにカントリークラブを詳しくお知りになりたい方は、冒頭のYou Tube動画をご覧になっていただけると幸いです。

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。