専門マスター

  • いいね

アウトドア初心者が知っておきたいGWキャンプの注意点

Campout!?

ファミリーキャンパー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

 ゴールデンウィークは家族連れが連泊キャンプに出かける絶好の機会です。長期休暇で気分が高揚するとつい忘れがちなGWキャンプの注意点をご紹介します。

3密になりにくいキャンプは健康的なレジャーです。キャンプ場が講じる感染症対策に協力し、アウトドアを楽しみましょう。

昼夜の寒暖差に要注意

 4月下旬から5月上旬は昼夜の寒暖差のある季節です。昼間はTシャツ1枚で過ごせるほど暖かくても、朝晩は厚手の上着を着込みたくなるほど冷え込むことも。

 日本気象協会等の過去天気を参考にして防寒対策するのがおすすめ。最新の天気予報だけでなく、過去数年の最低気温と風速は事前にチェックしておきましょう。

薄手の服を重ね着するのが基本

ゴールデンウィークは昼と夜の気温差が激しい
ゴールデンウィークは昼と夜の気温差が激しい

 寒暖差が激しい季節にお出かけするときは、分厚い1着よりも薄手の服を重ね着(レイヤリング)して、気温に合わせて着たり脱いだりするのが効果的です。

 防寒着はかさばるフリースよりも、使わないとき小さく収まるダウンジャケットがおすすめ。アウトドアブランドには化学繊維でも良い品がたくさんあります。

ホッカイロと湯たんぽが便利

金属製の湯たんぽは直接加熱できて便利
金属製の湯たんぽは直接加熱できて便利

 特別な電源や燃料を必要とせず、しっかり寒さ対策できるのがホッカイロ湯たんぽ。少し荷物は増えますが、湯たんぽは急激に冷え込んだとき役立ちます。

 いずれも春になると徐々に店頭から姿を消す傾向があります。早めにホームセンターやドラッグストアで購入しておくか、ネットで注文しておきましょう。

天候の急変には要注意

標高が高いキャンプ場は天候が変わりやすい
標高が高いキャンプ場は天候が変わりやすい

 普段よりも遠出しようと考えている方は、天候の変化に要注意。特に山の天気は変わりやすいため、標高の高いキャンプ場だと対策が必要不可欠です。

キャンプの大敵は豪雨ではなく強風。天気予報の晴れマークや雨マークで一喜一憂するのではなく、風速を見て判断する癖をつけておきましょう。

連泊は全方位の風対策が重要

雨が降るとテントの周囲が泥沼となることもあります
雨が降るとテントの周囲が泥沼となることもあります

 設営時の風向きが続くとは限らないため、長期滞在ならではの全方位風対策がおすすめ。天気が変わりやすい場所では、以下の対策を意識してみましょう。

  • テントの張り綱は全てペグで固定する
  • 出入口以外のスカートもなるべくペグで固定する
  • タープの高さを下げて風に強くする
  • キッチンスタンドはペグで固定する
  • 水たまりになりやすい窪地には設営しない

ロープのテンションはやや強めに

風速10m以上での設営や撤収は難易度が高い
風速10m以上での設営や撤収は難易度が高い

 基本的な風対策は生地やロープのテンション(張り具合)の維持です。取扱説明書の注意点をしっかり読み、ペグは地面奥深くまでしっかり打ち込みます。

 特に生地のたるみやロープの緩みは倒壊や破損に直結します。ロープは指で弾くと軽い音がするくらいしっかり張るのが正しい設営方法です。

激しい渋滞が起きやすい

普段の3倍近くかかることもあるのが長期連休
普段の3倍近くかかることもあるのが長期連休

 ゴールデンウィークは高速道路や観光地の渋滞に要注意。大渋滞にハマってしまい、目的地に着く頃には運転手だけでなく家族全員が疲労困憊なんてことも。

 特にテント泊の場合、長い移動の後にキャンプ場での設営や調理が控えているので、なるべく体力を残しておくのがキャンプを楽しめるポイントです。

渋滞を回避するための作戦

ゴールデンウィークの人気観光地は大混雑します
ゴールデンウィークの人気観光地は大混雑します

 過去の傾向から連休初日午前の下りと最終日前日午後の上りが特に渋滞します。少しでも渋滞を回避したいときは、以下の作戦を検討してみてください。

  • 前乗りして前泊する(ただしキャンプ道具を満載した車内では十分な休息は取れない)
  • 夜中に出発する(深夜2時台もしくは3時台に出発し、朝方には現地に着くようにする)
  • 観光地では自転車を借りたり時間をずらして行動する(現地に滞在しているメリットを活かして午前中の早い時間に行動する)
  • 最終日に帰ってくると意外と混雑しない(最終日は自宅で休息に充てようと考える方が多いため、意外と渋滞のピークは過ぎている)

盗難と事故に要注意

軽量コンパクトなイスは特に盗まれやすい
軽量コンパクトなイスは特に盗まれやすい

 GWキャンプは盗難に要注意。特に狙われやすいのが、高価で軽くて流通量が多くて再販しやすいもの。代表的なアイテムがヘリノックスのチェアです。

 子供の世話や設営に手間取るキャンプ初心者は、防犯までなかなか気が回らずいつのまにかお金や荷物を盗まれていた、ということも起きているようです。

キャンプの盗難対策は入念に

テントの入口に靴を並べると防犯対策になります
テントの入口に靴を並べると防犯対策になります

 アウトドアでの盗難対策は簡単ではありませんが、手間がかからず抑止力として効果のあるもの、デメリットはあるが防犯効果のあるものをご紹介します。

  • 現金・貴重品・車の鍵は肌身離さない(リュックやポーチ、サコッシュなどに入れて常に身に着けておく)
  • キャンプ道具には名前を書いておく(名前を書くと売りにくくなるため。自分だけがわかる小さな目印は防犯効果なし)
  • サイトから離れるときはクルマの中に荷物を片付けて鍵を掛けておく(動物対策にもなります)
  • テントの前にサンダルを置いておく(中に人がいるかもしれないと警戒されるため多少の抑止効果があります)

事故や怪我が増える季節

ゴールデンウィークは釣りキャンプにも絶好の季節
ゴールデンウィークは釣りキャンプにも絶好の季節

 ゴールデンウィークと夏休みは、気が緩んで事故が増える時期でもあります。クルマに轢かれたり、川や湖で溺れたり、焚き火やバーナーで火傷したり…

 子供達がはしゃいで駆け回り、ロープに足を引っ掛ける事故が多発するので、夕方以降はロープやペグに小さなライトを付けてあげると転倒防止になります。

ハッカ油スプレーで虫よけ対策

ハッカ油スプレーの材料はドラッグストアで購入可能
ハッカ油スプレーの材料はドラッグストアで購入可能

 ブユ(ブヨ)が出始める時期でもあります。ブユが出やすいキャンプ場かどうかは、ネットで「キャンプ場の名前 ブユ」と検索すればクチコミが見つかります。

 虫除け対策としてはハッカ油スプレーポイズンリムーバーを常備しておくと安心です。それでは各種対策を万全にして、GWキャンプを楽しみましょう!

シェア

いいね

コンテンツへの感想