タイトル画像

専門マスター

  • いいね

濡れたレインウェアは乾かす前に洗濯したほうが長持ちします

Campout!?

ファミリーキャンパー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

 キャンプやフェスなどで使ったレインウェア(雨具)、そのまま乾かしていませんか?

 濡れたり汚れたりしたレインウェアは、乾かす前に洗ったほうが長持ちすると言われています。

 防水性能を長持ちさせる秘訣は、中性洗剤で洗う、撥水剤を使う、乾燥機でしっかり乾かすの3点です。

レインウェアは洗濯機OK?

レインウェアは防水透湿性に優れた素材を採用している
レインウェアは防水透湿性に優れた素材を採用している

 レインウェアの内側に縫い付けられている洗濯表示タグを見ると、家庭用の洗濯機で洗えるものがほとんどだと気付きました。

まれに洗濯機や乾燥機が使えないレインウェアも存在します。洗う前に洗濯表示タグを必ずご確認してください。

 例えばパタゴニアのレインウェア「トレントシェル」の洗濯表示タグには、40度以下の水温であれば洗濯機で洗える表記がありました。

なぜ洗濯したほうが良いのか

Patagoniaトレントシェルの洗濯表示タグ
Patagoniaトレントシェルの洗濯表示タグ

 洗濯表示タグを読み解くと、コインランドリーにあるドラム式の乾燥機が使えたり、ドライクリーニングにも対応しているようです。

製品はご家庭でお洗濯が可能です。汚れが付着していると撥水性や透湿性が低下し、早期劣化による剥離など、製品の機能や耐久性を損なうことにつながります。出典:パタゴニア

生地に付着した汚れはレインウェアの天敵。外側の雨や泥だけでなく、内側の皮脂も付着したままにしておくと、劣化の原因となります。

洗濯機で洗うと傷まないか

mont-bellピークシェルの洗濯表示タグ
mont-bellピークシェルの洗濯表示タグ

 洗濯機で洗うと生地が傷むのでは?と思いきや、日本を代表するアウトドアブランドの1つ「モンベル」の公式サイトには、次の通り記載されています。

「レインウエアは自宅で洗濯できますか?」「どの位の頻度で洗濯すれば良いですか?」といったご質問をよく受けます。洗濯による生地へのダメージを気にされてのことだと思いますが、使用後にそのまま保管することで受けるダメージと比較すれば、たいしたものではありません。出典:モンベル

 つまり洗濯しないで受けるダメージより、洗濯したほうがマシということです。これはゴアテックス等の高性能素材も同様です。

洗濯するとき気を付けたいこと

登山やアウトドアスポーツ用の高機能製品に適した洗濯洗剤
登山やアウトドアスポーツ用の高機能製品に適した洗濯洗剤

 レインウェアを洗濯するときは、ファスナーやマジックテープを閉じて、他の衣類とは別にし、中性洗剤を使うのがおすすめです。

 私はモンベルの中性洗剤「O.D.メンテナンス マルチクリーナー」を使用し、すすぎ長め・脱水短めにして、洗濯機でじゃぶじゃぶ洗っています。

洗濯したあとのお手入れ

登山やアウトドアスポーツの高機能製品に適した撥水剤
登山やアウトドアスポーツの高機能製品に適した撥水剤

 洗濯機から取り出したレインウェアは、撥水剤に漬けこむことで防水透湿性能が回復します。よく絞ったら浴室乾燥にかけてメンテナンス完了。

 注意点として、レインウェアによって撥水加工方法が異なります。表地だけに撥水加工したい場合は、スプレータイプ(防水スプレー)が有効です。

 実体験を踏まえると、着用5年目のレインウェアが大きな問題なく使えています。毎回洗濯する必要はなく、数回ごとに洗えば十分効果があります。ご参考になれば幸いです。

シェア

いいね

コンテンツへの感想