タイトル画像

専門マスター

  • いいね

初心者に冬キャンプをおすすめする風潮に真面目に警笛を鳴らしたい

Campout!?

ファミリーキャンパー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

 冬が近づくと、ネット上に「初心者には冬のキャンプ場がおすすめ!」や「冬キャンプはビギナーでも意外と簡単!」のように紹介されているものを見かけます。

 初心者に冬キャンプ、特にテント泊をおすすめするなんて、正直ありえないと感じます。もし事故が起きたら自殺教唆の可能性すらあるのではないでしょうか。

冬のテント泊はやさしくない

 冬のキャンプ場は人が少なく、虫が少なく、星がキレイで、鍋が美味しい。確かに冬キャンプ特有の良い点は多々あります。

 しかし、それらは全て、冬キャンプの厳しさを乗り越えた上で得られる非日常な体験であり、容易に達成できない目標でもあります。

キャンプ初心者には推奨しない

 知識も経験も装備も足りないキャンプ初心者には、冬キャンプは極めて危険を伴う行為です。下手すれば凍死か焼死か一酸化炭素中毒死が待っています。

 最悪の事態をまぬがれたとしても、凍傷や火傷など様々な怪我や後遺症が考えられます。これらは冬だけに限りませんが、特に真冬はその確率が上がる季節です。

冬キャンプは”正しく”恐れるもの

 冬キャンプは知識と経験と装備を有したキャンパーでも、油断せずに考えを巡らせ、入念に準備して取り組む本格的なアウトドア活動です。

 安易に冬キャンプをおすすめする風潮には絶対反対です。しかし過度に恐れる必要はありません。キーワードは寒さと雪と乾燥と静電気です。

 ちなみに私は本格的な冬キャンプ(1日中氷点下となる真冬のテント泊)を始めるまでに200回ほど春夏秋にキャンプ経験を積んでから挑戦しています。

高い壁こそ乗り越えたいあなたへ

マイナス10度以下の年越しキャンプにて
マイナス10度以下の年越しキャンプにて

 キャンプ初心者におすすめの季節は春と秋です。それでも冬キャンプにチャレンジするなら、ぜひ次のことを意識してみてください。

・はじめはキャビン泊やコテージ泊にする
・なるべく温暖な地域を選ぶ
・冬キャンプの経験豊富な方とご一緒する
・想像の3倍寒い前提で衣類を準備する
・一酸化炭素にはくれぐれも注意する
・もしテント泊なら電源付きサイトにする

 正しい知識をもち、対策をとったうえで冬キャンプにのぞめば、素晴らしい体験をすることができます。冬キャンプのリスクを考える一助になれば幸いです。

シェア

いいね

コンテンツへの感想