タイトル画像

【所沢市】話題の新名所だけじゃない! 東所沢の人気店「珈琲と食卓なごみ野」で和んできました。

ちゃちゃぽーや

地域ニュースサイト号外NETライター(所沢市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

駅舎の外観が本棚と化した東所沢駅からところざわサクラタウン方面とは逆方向に歩くこと約4分。

駅近の場所とは思えない田園風景が拡がる場所に辺り一帯の風景に溶け込むように建っているお店「珈琲と食卓 なごみ野」を紹介します。

駅から近いだけでなく、和田遺跡通り沿いにあって駐車場完備なので車でも訪れやすい最高の立地。

入口までの通路の雰囲気もステキで、お店に入る前から気持ちが和みます。

信州・安曇野で「お宿・なごみ野」も運営されているので、信州のお土産コーナーがありました。ジャムにくるみゆべし、雷鳥の里や白樺の大地もありました♪ 

ランチタイムで来店客は多かったのですが、なんといってもお店が広い! そして店員さんの手際がいい! すぐに案内してくれたのは窓からのどかな風景を眺められる窓際の席。

というか、畑のど真ん中にあるこのお店はだいたいは外の風景が楽しめて、どの席もゆったりと落ち着いて過ごせるんです。

パスタとピッツァは2週間毎にメニューが変わります。どれもこれも本当に美味しそうで迷いますが、疲れたカラダに豚ミンパワーを! ということで松坂ポークのハーブソテー、アイスコーヒー&ライスのデザートセットをオーダー。

布や紙のフィルターを使わずに淹れられたフレンチプレスのアイスコーヒーは珈琲本来の味がまるごと抽出されたような、深みのある、それでいてキリッとした味わい。

いつもはすぐにミルクを入れて飲むのですが、この日は暑かったのと、コーヒーだけの美味しさを味わいたくて半分くらいまでストレートのまま楽しみました。

畑の中を歩いたり自転車で通り過ぎる人を眺め、ゆったりと静かに流れる時間を楽しみながらお料理を待ちます。

まずはにんじんドレッシングがかけられたシャッキシャキのサラダが登場。畑を見ながら食べるサラダは五感で新鮮さを感じられます。

そして添えられたひじきと大豆が、ますますカラダがよろこぶものを食しています!という気分を引き立ててくれました。

サラダで胃の調子を整え、メインを迎える準備が出来たところでポークソテー登場。脂身が甘く、ローレルとローズマリーの風味がしっかり移った松坂ポークは言わずもがな、付合せのじゃがいもやライスまでもが本当に美味しく、感動すらおぼえました。

お芋があまりにも甘く「さつまいもじゃないよね、これじゃがいもだよね」と確認してしまうほど。帰りに品種を聞いてみようと思ったくらい本当にあまかったです(帰る頃にはすっかり聞くのを忘れてしまいました)。

デザート皿もフルーツ、アイスクリーム、ヨーグルト、大納言が入ったロールケーキというフルラインナップ! 

ゆったりとしたスペースで、目もココロも和む風景の中で美味しい食事を楽しみたい方は是非、「珈琲と食卓 なごみ野」に足を運んでみてくださいね。

2週替りのパスタ&ピッツァのメニューはFacebookでチェックできますよ。

「珈琲と食卓なごみ野」
住所:埼玉県所沢市本郷1086−5
電話番号:04-2937-3249
※営業時間は珈琲と食卓 なごみ野Facebookページでご確認ください。

シェア

いいね

コンテンツへの感想