タイトル画像

【所沢市】西所沢に誕生した一戸建住宅の商業施設。1階カフェでは手焙煎の極上珈琲が頂けます。

ちゃちゃぽーや

地域ニュースサイト号外NETライター(所沢市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

西所沢駅改札を出て歩いてほんの2分ほどの駅近に、築51年の戸建て住宅をフルリノベーションし、1階はカフェ、2階は寝台列車の個室に見立てた部屋に個性あふれるお店が入った商業施設 ”W Commons House” が誕生しました。

外観はセンスの良いおしゃれな住宅といった感じで、お店というより実家やお友達の家に来たような気分です。

「ただいまぁー。」と言えば「おかえりぃー。」と言ってくれそうな雰囲気が漂い、初めて訪れた感じがしない玄関で靴を脱ぎ、スリッパに履き替えるスタイルです。

営業時間の案内と検温で、「そうそう、ここはお店だった」と思い出すくらいリラックスムード全開。

コンセプトはレトロ&ヴィンテージ。「うちのリビングもこんな素敵にならないかなあ。」と思った方は必見!

お部屋のビフォー写真があちらこちらにあるので、美味しいコーヒーを飲みながらリノベーションの参考にできますよ。

こちらの白いウッドデッキの向こうは緑地、そのすぐ先に西武線が走っているので、まるで実寸大の鉄道模型を見ているような感じで鉄道好きにはたまらない光景ですよね。

特に鉄道好きでなくても楽しくてついつい電車が通るたびに目で追ってしまいます。

リビング隣室のコーナーにはハンギングチェア。見ているだけでもゆったりした気分になりますが、実際に腰掛けると心地良い揺れで、リゾート気分にどっぷり浸れます♪

ウクレレやレトロでかわいい時計、天井にサーフボードと部屋のあちらこちらにリゾート気分を味わえるアイテムが揃えられていて、極めつきはサイドテーブルの大滝詠一の「A LONG VACATION」のLP! これ以上ない心憎い演出です。

ひと仕事を終えた店主さんが通り過ぎる電車を眺めている姿が、このカフェののんびり感を体現しているかのよう。

厳選された材料のみで作られた「Ma Maison Endo (マ・メゾン・エンドウ) 」 の安心&安全な武蔵野スイーツも販売されていて、持ち帰りはもちろん店内で食べることもできます。

ココロもカラダも喜ぶお菓子たちの上で自転車が壁にめり込んでいて、その自転車の前身部分は階段の吹き抜け2階部分から顔を出しているという、なんとも遊びゴコロが満載のリノベーションです。

プロにまかっせきりの内装ではなく、お店の方が自分たちでカフェの名前「NISHI NO TOKORO COFFEE」を貼り付けたのだそうですよ。

こちらが店主であり焙煎士の伊藤さん。片手鍋を使い丁寧に手焙煎した珈琲豆で淹れられたコーヒーは得も言われぬ味わいです。

コーヒー豆の焙煎にかけては凄腕の持ち主で、その上とっても気さくでお話上手な伊藤さん。「コーヒー豆、もっと顔の近くにお願いします。そこで首をかしげてニッコリと!」と初対面なのに調子に乗って無茶振りする私のオーダーに素直に応じてくれる楽しい方です。

そしていよいよ絶妙に手焙煎された豆で淹れられたコーヒーの実飲♪ 香りからして絶品なのが伝わってきます。

いつもはコーヒーにはたっぷりのミルクとお砂糖を入れて飲むのですが、このコーヒーを飲んでビックリ!何もいれずに飲んだのにほんのり甘く、そして何より苦くない!

何かを加えるのがもったいなく思い、最後まで何も入れずに頂きました。

添えられた武蔵野クッキーを食べてからコーヒーを飲むと、芳醇な香りが更に深まるように感じ、まるでワインを飲んでいる時のように味の変化を楽しむこができました。

厳選素材の焼き菓子ですが小麦粉の配合にも美味しさの秘密があるそうで、偶然にも所沢市民に馴染みの深い”うどん”用の配合に近いものなのだそうです。

安全ならいい、美味しければいい、ではなく”安全でとびきり美味しいものを作りたい”の一心で研究し続けてたどり着いた、まさに「武蔵野スイーツ」という名にふさわしい傑作です♪

1階にこんな素敵なカフェが、そして寝台列車をイメージして造られた2階には海がテーマのアトリエやネイルサロン、カードリーディングとアロマトリートメントのお店があるという西所沢駅近くにある一戸建てのコンパクトな商業施設 ”W Commons House”。

2階の3つのお部屋(お店)も日を改めて遊びに行きたいと思います♪

「西乃処珈琲」

住所:埼玉県所沢市西所沢1丁目18-5

Instagram:@nishitoko_coffee

Facebook:@nishitokocoffee

シェア

いいね

コンテンツへの感想