タイトル画像

【所沢市】まるで映画に出てくるような古書店。営業は土曜だけ、というサタデーブックスに行ってきました。

ちゃちゃぽーや

地域ニュースサイト号外NETライター(所沢市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

1階は満寿やというとんかつ屋さんが入っている「きちじょう荘」の2階に、営業日は土曜だけという古書店「サタデーブックス」があります。

2階の見取り図が描かれたガラスのドアが、築51年という趣きある建物にとてもよく似合っていて「レトロ」という表現がぴったりくる建物。ドアを開けるとフワっと蚊取り線香の匂いがして、これもまた懐かしい夏の記憶に結びつくように感じます。

2階に上がると古書店というより、本好きな人が本に囲まれて生活している部屋に遊びに来たような、そんな気分にさせられる空間が広がっていました。

裏表紙に値札が貼られていますが、売りたくない本には「非売品」と貼られているそうです。どれが非売品なのか探してみたくなりますね。そしてどの本もとってもきれいです。

壁を這うアイビーが窓を飾っている感じや、光の入り方などがとてもきれいで映画にでも出てきそうな光景に見えました。

ゆっくりと本が見られるよう、羽織ものや荷物をかけられるポールハンガーが置かれていて、あれこれ荷物を持ちながら部屋をうろうろする私に「よかったら荷物、どうぞ」と声をかけていただきました。

こちらのサタデーブックスは「西埼玉暮らしの学校」という埼玉県西部地域での暮らしをより豊かに楽しむことを目的に立ち上げられたプロジェクトの拠点となる施設で、週末のみ古書店として営業されているそうです。たまに日曜にも営業することがあるようですよ。

知的でクールな印象の、この書店の主宰であるオオタケさんが「街に本屋がない、ということに問題意識を持ったので。」と言葉少なにおっしゃったこの言葉。

西所沢駅のお隣、ターミナル駅である所沢駅にもグランエミオ所沢が出来るまでは大型書店がなく、本を買うときは通販を利用していた私は「本屋がなくて不便だな」と思うだけ。

本屋がない地域 → これはいかん! → 造るっ! という感性、発想、行動力に心から感動しました。

オオタケさんが手掛けたこの「WestーSaitama PLAYERS」は、様々な考えや角度からそれぞれのやり方で地域の暮らしを創造的に変える活動をなさっている方々へのインタビューを元に作られていて、ただただ日々を消化するように生きている私には衝撃的といってもいいくらい、素敵な人や活動が紹介されていました。

おまけとして挟まれていた「にしさいたまっぷ」も楽しいモノや場所やお店が一目でわかるMapとリストが載っています♪

週末だけの営業というのも何となくこの書店らしくていいなぁ、と思います。土曜に時間を作って、是非一度足を運んでみてください。きっと何度も訪れたくなりますよ♪

「サタデーブックス」

住所:埼玉県所沢市西所沢1丁目17−13 吉祥荘 2F

営業時間:土 11:00~19:00 ※詳しくは Instagram でご確認ください

Instagram:「saturday.books」

シェア

いいね

コンテンツへの感想