タイトル画像

【所沢市】海外にもファンがいっぱい、トトロの森を思わせる三ヶ島の和田園の狭山茶はやっぱり美味しい

ちゃちゃぽーや

地域ニュースサイト号外NETライター(所沢市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

安全・安心をモットーにマイナスイオン水で味わい深いお茶を製造している昭和26年創業の老舗「和田園」。

以前は和田家の所有だったというお向いにある「クロスケの家」に全世界からトトロファンが訪れることから、以前は海外のお客さまの来店がひっきりなしだったそうで、色々な言語で書かれたウェルカムボードが何よりそんな日々を物語っているようです。

製茶工場の一角にある店舗兼カフェは、とことこマイボトルスポットでもあるんですね。

所沢市公式HP⇒「とことこマイボトルスポット

ドリンクは持ち帰りができるのでマイボトルを忘れてもテイクアウトOK。これからの季節に大助かりしそうです。

和田園近辺は茶畑だけでなく、竹林や木が生い茂っているところが多く、まさにトトロの森を思わせる緑豊かな場所。気持ちよく散歩をしていたものの、この日はとても気温が高く結構体力を消耗していたので、エネルギーを補給するため、まずはぜんざい(抹茶アイス)をオーダーしました。

さすがお茶処、ぜんざいを茶器に入れて出してくれました。これ、おしゃれなだけでなくスプーンで掬いきれない底に残ったぜんざいを「お行儀悪いかな…。」なんて思わずに「ずずずっ」とお抹茶のように頂けちゃうんです。

次いで最近ハマっている和紅茶をオーダー。とことこマイボトルで和紅茶の美味しさを発見し、自宅でも淹れて飲むのですが、ここで出してもらった和紅茶は格別でした。

添えられていた抹茶羊羹も抹茶風味ではなく、しっかりとした抹茶の羊羹。和紅茶の美味しさが引き立ちます。

クロスケの家の敷地にある茶工場のことなどを尋ねていると「自作でこんなのも作って海外の人達にお茶のことを紹介してたんですよ」と代表の和田さんがフリップを見せてくれました。

カレンダーの裏に手書きで書かれたフリップを、ぺらぺらと一枚ずつめくりながら「海外の人たちにもとても喜んでもらえてたので、早くまたいろんな人とお茶を通じて交流できるように戻ってほしい。でも、今できることを少しずつやっていくことも大事だと思っているんです。」と堅実で前向きに語られる和田さん。

6次産業と言われる生産・加工・販売という昨今進められている経営の多角化戦略ですが、和田さん曰く「この辺の狭山茶農家は昔っから当然のようにやってたんだよ。茶葉を作って、それを問屋に卸して終わり、じゃなくてね。茶葉を育て、製茶して、売る。そういうことをずっとやってきたから、この辺の地域はみんな。」とのこと。

また「こうやってカフェとか通販とかって新しいことに取り組めたのもそのおかげかもしれないね。オンライン通販を始めてね、秋田県に住んでる方に気に入ってもらえたんです、うちのお茶が。ありがたいですね。」と本当にうれしそうに、そして誇らしげに話されていました。

お茶の美味しさだけでなくこういうお人柄を含めて、和田園のファンがたくさんいるのだと思います。

「和田園」
住所:埼玉県所沢市三ケ島3-1157-3 
電話番号:04-2948-0626 
公式HP:https://wadaen.jp/
公式HP内通販サイト:https://wadaen.shop-pro.jp/

シェア

いいね

コンテンツへの感想