タイトル画像

【所沢市】料亭の味と小料理屋の気軽さを併せ持つイイトコどりの「食処 新むさし」

ちゃちゃぽーや

地域ニュースサイト号外NETライター(所沢市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

現在の大将は4代目という明治から続く老舗店、元町にある「食処 新むさし」は庶民的な価格で最高に美味しいお料理を出してくれる、知る人ぞ知る所沢の名店です。

そしてここ新むさしは、同じく所沢の老舗、深井醤油、見澤食品と共に町おこしとして「ところざわ醬油焼きそば」を開発した第1号店なのです。

ところざわ焼きそばとして販売するための決まり事は
① 所沢産の醤油を使うこと 
② 所沢産の麺を使うこと
③ 所沢産の野菜を1品以上使うこと の3つだけ。

この3つさえ守れば、好きな材料で好きなように調理し、そのお店の「ところざわ醬油焼きそば」として販売することが出来るのでお店ごとの味を楽しむことが出来ます。

「春夏冬二升五合」は「あきない(商い)ますます(益々)はんじょう(五合=半升→繫盛)」というよく知れた洒落言葉だそうです。私は初めて知りました。

メディアに取り上げられることも多く、お店に飾られている色紙は最近のものだけでこんなに! 焼きそば推しの具志堅用高さんと、カツ丼推しの所沢市長に挟まれている昼めし旅で訪れられたという永野さんがいるのがなんだか面白いですね。

「じゅん散歩」で来た高田純次さんがここでところざわ醬油焼きそばを食べているところは見ていましたが、「ヒルナンデス!」で藤田ニコルさんが来られてたのは知りませんでした。「ニコルちゃん、とっても可愛くて、と~ってもいい子でしたよ♪」と女将さんが大絶賛されていました。

出入口にアルコール消毒液、テーブルのパーテーション、各テーブルにウェットティッシュが配備されていて、感染症拡大防止対策をきちんと講じられています。

所沢市が実施する「安全・安心な店舗支援研修」を受講して、感染症予防を徹底している店舗のみ取扱い可能の「ところざわ応援食事券」、新むさしで使用できますよ♪

新むさし風ところざわ醬油焼きそば 650円(税込み)
新むさし風ところざわ醬油焼きそば 650円(税込み)

包丁とまな板の小気味いいリズムに始まり、ジュージューと音を立てて香ばしい醤油の香りを漂わせてから、目の前に運ばれてきたところざわ醬油焼きそば。豚肉と所沢産の小松菜・長ネギ・人参が入っているのが新むさし風です。

「麺と具を炒めて醤油で作ってるだけで、何でこんなに美味しいの?!」という失礼極まりない私の失言に「まぁ、一応ね、お店でお客様にお出しするものなので、ちょこっとひと手間はね。でも深井醬油さんの焼きそば醬油を使えばご家庭でもとっても美味しくしょうゆ焼きそばが作れますよ。」と大将も女将さんも優しく笑いながら教えてくれました。

女将さんによると新むさしのもう1つの人気メニューはかつ丼とのことで、お得な日替わりメニューは週4が「かつ」メニューです。

ということで別日にかつ丼をテイクアウトしました。聞きしに勝るとはまさにこの事!

かつ丼は基本的に美味しいものですが、所沢市長の藤本氏が色紙に「新むはカツ丼!」と書いた意味がよくわかります。この味がこのお値段?! ってきっと驚きますよ。

「食処 新むさし」
住所:埼玉県所沢市元町23−11
電話:04-2922-4634
営業時間:11:00~13:30(L.O)
     17:30~(緊急事態宣言中はランチタイムのみ営業)
定休日:月曜日

シェア

いいね

コンテンツへの感想