タイトル画像

トレンド/カルチャー

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【神戸市北区】田園地帯を望むフレンチレストランにてランチ。2021年8月OPEN「SETTAN」

CHIAKI

地域ニュースサイト号外NETライター(神戸市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

いつもラーメンや定食中心の外食をしていますが(笑)、今回は年に一度の記念日でちょっと…いやかなり背伸びしてフレンチレストランに行ってきました。
神戸市北区ののどかな田園地帯にある「SETTAN(セッタン)」は2021年8月1日(日)にオープンしたばかりのフレンチレストランです。摂津・丹波の海と山の豊かな食材に恵まれたこの場所でシェフの創造する「地の料理」を楽しめます。

まだオープンしたばかりですが、豊かなロケーションと、素敵な建物、美味しくて、想像を超えるアートのようなお料理に引き寄せられ、既に人気店です。要予約で、ランチタイムには満席になっていました。

MENUはコースのみ3種類

◆ランチ
¥5,500 / ¥11,000 / ¥16,500 (税込)※別途サービス料10%

◆ディナー
¥5,500 / ¥11,000 / ¥16,500 (税込)※別途サービス料10%

コースや季節によって内容は変わりますが、お料理の一部を料理名とともに紹介します。

「六甲」

運ばれてきたのは…なんと大きな切り株! その上に小さなアミューズがのっています。この時点でめちゃくちゃテンションが上がりますが、控えめに…はしゃぎました(笑)

食材や調理法の説明を丁寧にして下さいました。
ほとんどの食材が六甲山近辺で収穫されたものだそうで、切り株を六甲山に見立てており、「下から六甲山を登るように召し上がってください」と。オシャレすぎます!

「秋 とうもろこし」

とうもろこしは夏のイメージですが、秋の今の時期しか採れないというとうもろこしを使用した1品です。濃厚で甘みが強く、とても美味しかったです!
おしゃれすぎて食べ方に苦戦した庶民夫婦でした(笑)

「里山」

お魚料理です。明石真鯛と蓮根のガレットなどに、お出汁をかけて頂きます。とっても上品なお味ですが、決して薄くはなく、素材の味がひとつひとつしっかり感じられるお料理です。

「あわじ牛」「淡路えびすもち豚」

追加料金で、1人分を牛肉にしました。
それぞれ1人分を取り分けて盛り付けて頂きました。牛はフィレ肉で柔らかく、もち豚もとても柔らかかったです。手前は珍しいピーマンのソースでした。苦味もありましたが、これがまた美味しかったです。

「林檎のバラ」

バラに見立てた林檎はチップスになっています。林檎チップスの間にはシナモンアイスが。一番下はキャラメルソースです。

「Mignardises」

デザートは林檎のバラだけかと思っていたら、「お茶菓子」が来ました。もう本当に最初から最後まで五感が刺激されっぱなしの時間でした。

「予約の取れないフレンチレストラン」になる事間違い無し。

お料理からおもてなし、ロケーションまで本当に素敵なお店でした。
緑豊かな里山を眺めながらのランチもいいですが、夕暮れの景色もとても素敵なのだそうです。まもなく紅葉のシーズンに入りますので、更に素敵な景色が見られると思います。記念日などに是非、いかがでしょうか。

動画も作成しましたので、庶民夫婦の緊張しながら食べている雰囲気を是非ご覧ください(笑)

【店舗情報】
店名:SETTAN
住所:兵庫県神戸市北区八多町屏風965
電話番号:078-224-5013
営業時間:Lunch 11:00~ (L.O 12:30) Dinner 16:00- (L.O 19:00)
公式ホームページ
公式Instagram

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想