タイトル画像

専門マスター

  • いいね

【東京/高円寺】NEW OPENの、キンパ(韓国海苔巻き)専門店でキンパランチセットを食べてきた!

CHIAKI

韓国トラベルライター/インフルエンサー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

最近日本のコンビニやスーパーなどでもよく目にする、キンパという言葉。

実際の読み方だと、文字での表現は難しいけれど、キムパプ。どちらも同じもので、韓国では気軽に家で作ったり、屋台や専門店で気軽に食べられるメニューとして愛されています◎

キンパ(キムパプ)とは

ハングルでは、김밥と書きます。

김 =海苔、밥 =ご飯

海苔巻きという意味があり、日本の海苔巻きでは酢飯を使用したりしますが、韓国の海苔巻きは、ごま油で味をつけます。ごま油の香りと、巻く具材の味が本当によく合う美味しい一品です!

そんなキンパ専門店が東京の高円寺に8月1日にオープンしたので行ってきました!

GIMBAP 왕(キンパワン)

外観はハングルで、梨泰院などの韓国の街の名前が書かれていました。店名はネオンなので夜は綺麗に光っているかもしれません。

作っているところが見られる!

店内に入ると、なんと店員さんがキンパを巻いている姿が!

韓国のお店では作っているところを見ることができるお店が多いのですが、日本のお店で、こんなに作っているのをオープンに見ることができるお店って、なかなかないのではないでしょうか。見ているだけで面白いです◎

メニュー

味の種類が多いのも嬉しいですね。テイクアウトも可能!あとは、ランチセットを注文して店内で簡単にランチを済ませることも可能です。

ランチセットを注文してみた

こちらのランチメニューは、お好きなキンパ+800円のもの。

中身は、メニューから好きな味のキンパとチキン、ドリンクを選び、さらに、サラダ、チキンム、スープがつくものです。

私はキムチが好きなので、キムチキンパとチキンはハニーバター味、ドリンクはチルソンサイダーを選びました。

ひとつひとつ薄切りで鮮やかに並んで届きます!結構大きさがあります。

具は見た感じだと、キムチ、たくあん、小松菜、にんじん、魚肉ソーセージ、卵焼きかな?これだけ詰まっていたら満足感があります。

一口に、ぎゅーっと色んな美味しさが詰まっているのでとても美味しかったです。

ハニーバター味のチキンは、甘めでほのかにしょっぱい感じのパウダーがかかっています。チキンの感じは脂ぽくなくて重くないから良かったです◎

キンパもチキンもスープも…なんて食べていたらお腹いっぱいに!多分男性の方もお腹いっぱいになること間違い無しのボリューム感です!

店内の雰囲気

テイクアウトもできることから簡易的なイートインスペースという感じで韓国屋台の椅子に座って食べる感じでした。

テイクアウトもおすすめ!

店頭からも確認可能な窓にはテイクアウト可能なキンパが並びます。なのでフラッと行ってテイクアウトしてお家で食べるのもオススメです◎

結構な太巻きで具沢山なので家族で食べて楽しめるキンパだと思います!

<お店情報>
・GIMPAB 왕
高円寺北3丁目22−2
11時〜22時(日曜〜月曜)、11時〜23時(金曜、土曜)
※緊急事態宣言等での時間やメニュー変更等につきましてはお店にお問い合わせください。

<自己紹介>
Instagramで、毎日韓国情報を発信しています。( Instagramはコチラ から飛べます◎)
10年以上の渡韓経験からガイドブックには載らないディープな韓国旅をしています。行けない今は「日本中で楽しめる韓国」を発信しています。
東京の新大久保はもちろん、大阪の鶴橋や京都などの韓国料理屋さんや、話題の韓国ドラマや韓国映画など、日本でもっと身近に韓国を感じられることを紹介。
よければ覗いて見てください◎

シェア

いいね

コンテンツへの感想