タイトル画像

トレンド/カルチャー

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【千葉市】千葉公園で開催中の「大賀ハスまつり」に行ってきました。

ちはな

地域情報発信ライター(千葉市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

千葉市の地域情報発信ライターちはなです。

みなさん、千葉市の「市の花」をご存じですか?


千葉市の市の花は「オオガハス」というお花です。
1951(昭和26)年、大賀一郎博士らにより、約2000年前の古代ハスの実が千葉市で発掘されました。
翌1952(昭和27)年に、その内の1個の実が花を咲かせ、「オオガハス」と名付けられたそうです。

「オオガハス」は、1952(昭和27)年7月18日に開花し、今年で70周年を迎えます。
開花70年を記念して、今年は様々な事業が行われるようです。


今回筆者は、千葉公園で行われている「大賀ハスまつり」に行ってきました。
「大賀ハスまつり」の開催期間は、6月18日(土)から26日(日)までです。


「大賀ハスまつり」の日程は、このようになっています。

ハスを観賞


蓮華亭の前のハス池に、オオガハスは群生しており、開花から4日で花が散ります。
オオガハスはお昼には花が閉じてしまうため、午前中(特に朝)に観賞をお勧めしています。

筆者は6月18日、朝9時頃に訪問しました。
まだ蕾が多く、見ごろはもう少し先のようでした。

開花しているハスもありました。

蓮華亭では「ちはなちゃん」の分身(?)にお目にかかれます。

イベントコーナー

外のテントでは、「花の都・ちば」のキャラクター
オオガハスの妖精「ちはなちゃん」のグッズが売っていました。


オオガハスの果托も売られています。


ぬり絵のコーナーがあり、お子さんたちが楽しんでいました。

コケ玉講習・寄せ植え講習のコーナー、賑わっていました。


筆者が個人的に気になったのはこちら

「大賀ハス」をイメージしたハードセルツァーが売られていました。
ハードセルツァーとは、サトウキビ由来の糖分でつくられたアルコール炭酸水です。

大賀ハスの蓮根と花托を使用して作られており、ピンク色をしているそうです。

まとめ

6月20日(月)から24日(金)の平日も、当日先着受付で、いくつかのイベントが行われます。
6月25日(土)・26日(日)はギター弾き語りや和太鼓パフォーマンスなどのイベントも開催されるようです。

これからでもまだまだ楽しめますので、ぜひ足を運んでみてくださいね。

『大賀ハスまつり』
住所:千葉市中央区弁天3-1 千葉公園「蓮華亭・ハス池周辺」
問い合わせ:「花びと会ちば」事務局 043-245-5775

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。