初心者もできる!オムレツをトントンして作れるようになるコツ。知ってしまえば意外とかんたん?

Chihiro

プロトラベラー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

オムレツやオムライスを作る時に、プロのようにフライパンをトントンして綺麗な形を作りたい!でも、とっても難しいし訓練が必要?
そう思っていたのですが、コツさえ知れば意外とかんたんに作れました。

私は練習3回目で、トントンして綺麗に作れるようになりました。
今回は、成功しやすくなるコツと、特に意識して!なポイントを紹介します。

【コツ1】卵を泡立て器で混ぜる
菜箸ではなく、泡立て器を使って空気を多く含ませてください。
これだけで、ふわふわに仕上がりやすいです。
卵白がしっかり切れているのも、形を作りやすくするコツです。菜箸よりも泡立て器の方が早くて簡単。

【コツ2】フライパンが完全に温まってから卵を入れる
強火でフライパンを熱して一気に焼いていくのですが、温度が肝心。
卵を流し入れた時に、卵の温度でフライパンは少し冷めてしまいます。
この時に焼きムラになるとトントンしづらくなる原因になるので、しっかり温まってから卵を流し入れるのがコツ。
フライパンに菜箸で卵を少し垂らして、ジュッという音がしてすぐに焼ければ、流し入れてOKのサイン。
卵が焼けるまでに少し時間がかかる場合は、フライパンがまだ温まりきってない相図なので、少し待ちましょう。
煙が出てしまう場合は熱し過ぎなので、一度火から離してください。

【コツ3】混ぜ続ける
卵を流し入れたら、フライパンを動かしながら菜箸で混ぜ続けてください。
卵に均一に火を入れるためです。
ここで手を止めてしまうと焼きムラになって、トントンしづらくなる原因になります。
外側を剥がして中心に混ぜていくように菜箸を回すのが、ムラなく焼けるコツ。

【コツ4】先端を剥がす
フライパンの先端部分の端を、ヘラで剥がします。
ここで剥がすだけで、トントンしやすくなります。

トントンし始めは卵が動いてないように見えますが、焦らないでください。
一定にトントンし続ければ、すこーしずつ卵が回っていきます。
最終的に継ぎ目まで回って、綺麗なオムレツが完成します。

焼き終わったら、素早くお皿に移して完成です。
トントンし終わった後にモタつくと、せっかく半熟状態の中身にどんどん火が通ってしまいます。

ナイフで縦に切れ目を入れると、半熟とろとろ。
オムレツ、オムライス、どちらにも応用可能です。

コツさえ知って覚えてしまえば、初心者でも意外と出来てしまいます。
小さいフライパンの方が成功しやすく、大きいフライパンは少し難しいかもしれません。

ぜひ作ってみてくださいね。

シェア

いいね

コンテンツへの感想