とろ〜り半熟卵の「美しい月見ハンバーグ」レシピ。玉ねぎを使って満月形、レストラン級の見た目に!

Chihiro

プロトラベラー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

レストランで出てきそうな見た目のまんまる月見ハンバーグの作り方をご紹介します。
まんまる半熟卵がとろ〜り、でも意外とかんたんなレシピです。

・材料(2〜3人前)
合いびき肉 200g
玉ねぎ 1個
塩コショウ 適量
ナツメグ 適量
卵 1個
スライスチーズ 一人あたり2枚
パセリ(トッピング用、なくてもOK)

・作り方
たまねぎの皮を剥いた後に、リング状にカット。
一番太い部分の外側のリングを2本使います。
1人分でリング2本分を使うので、人数に合わせてリングを取っておいてください。
残りの玉ねぎはみじん切りにします。

みじん切りにした玉ねぎに合いびき肉、塩、コショウ、ナツメグ、卵を入れて、よくこねます。
玉ねぎリングの一番大きな輪っかを使って、肉詰めを作ります。

熱したフライパンで両面しっかり焼いていきます。
片面を焼いたらひっくり返して蓋をして、蒸し焼きに。普通のハンバーグと同じ焼き方で大丈夫です。

しっかり火が通ったら、スライスチーズを2枚重ねてお皿に盛り付けておきます。

フライパンに残った肉汁に、ケチャップとお好みソースを同量の割合で入れて、分離しないうちに手早く混ぜます。
油がかなりはねるので、火傷に注意してください。

フライパンを綺麗にして玉ねぎリングをのせて、卵を割り入れます。
水を入れて蓋をして、蒸し焼きにします。

表面が白くなったら蓋をあけて、フライ返しで身長にすくいます。
ハンバーグの上に重ねて、パセリをかけたら完成です。

レストランのメニューのような綺麗な月見ハンバーグ。
まんまるで、かんたんに作れるクオリティには見えません!

実は全く凝った料理ではないけど、家族が喜ぶ一品になること間違いなし!
来客時のおもてなし料理としてもおすすめです。

ぜひ作ってみてくださいね。

シェア

いいね

コンテンツへの感想