タイトル画像

How to

  • いいね

冷めてもシワシワにならない♪茹でたとうもろこしの保存方法&時短な茹で方

chiho

お弁当研究家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

とうもろこしのおいしい季節がやってきました♪
茹でて作り置きしておくと、おやつにもお弁当にも便利ですよね♪

でも、茹でたては実がプリッとしておいしそうなのに
冷めると実がシワシワになってしまう経験はありませんか?

今回は冷めてもシワシワにならない方法
時短で茹でるコツをご紹介します♪

とうもろこしはフライパンで茹でる

とうもろこしはフライパンで茹でられます♪

フライパンに皮をむいたとうもろこしを入れたら
とうもろこしが半分浸かるくらいの水と
さらに塩を小さじ1ほど加えて強火にかけフタをします。

沸騰したら火を弱火にして2分
フタを開けて、とうもろこしをトング等で転がし
水に浸かってなかった方を下にしたら
またフタをして更に2〜3分

これで茹で上がり♪

フライパンは28cmのものを使いました。
2〜3本は一気に茹でられますよ!

茹でたらすぐにラップ

茹で上がったらすぐにラップをします。
とうもろこしは冷める時に水分が蒸発してシワになってしまうので
とうもろこしの水分を閉じ込めるためにすぐにラップをしてしまいます。

私はトングで茹で上がったとうもろこしを取り出し
あらかじめ広げておいたラップの上に置いて
転がすようにしてラップを巻いています。

簡単ですがとっても熱いので
心配な方はザルで湯切りしてから
ふきんで掴んでラップしても良いかと思います。

冷めてもプリプリ♪お弁当の作り置きおかずに♪

粗熱が取れたらすぐ食べない分は冷蔵庫でそのまま保存します。
お弁当には程よい大きさにカットして使って下さい。

冷めても実がプリプリなので
お弁当でもおいしく食べられます♪

冷蔵庫で3日くらいは持ちます。
冷凍したい時は、冷めた後にお弁当サイズにカットして
一個ずつラップして、ジップロックに入れて冷凍保存して下さい。
冷凍は一ヶ月くらい大丈夫です♪

ぜひお弁当おかずのストックにしてくださいね♪

シェア

いいね

コンテンツへの感想