タイトル画像

トレンド/カルチャー

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【目黒区】自由が丘・中目黒の「銀座に志かわ」が移転・リニューアル!? 看板がなくなっていました

Chikuwa

地域ニュースサイト号外NETライター(東京都目黒区)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

銀座に志かわ」は2018年創業で、「水にこだわる高級食パン」1点のみの販売、フランチャイズ方式で全国に店舗を急速に増やしてきました。

焼きたてはもちろん、翌日になると甘味が増してさらにおいしいと評判に。また、きんぴらごぼうや明太子など和食のおかずと相性がよいとして、幅広い年齢層に支持されています。

「銀座に志かわ」自由が丘店があった場所
「銀座に志かわ」自由が丘店があった場所

そんな「銀座に志かわ」ですが、自由が丘店がいつのまにかなくなっていました・・・。お店の前を通ったのが2022年6月14日(火)で、すでに白い幕で覆われ、看板も取り外してしまった後。

「銀座に志かわ」のホームページを見てみると、「移転によりリニューアルオープンいたします。詳細が決定次第、ホームページにてお知らせをさせていただきます。」と書かれています。

自由が丘店のInstagramも見てみましたが、特に何もアナウンスされていなかったので、いつお店がなくなったのかはわからずじまいです。

「銀座に志かわ」自由が丘店は2020年4月28日(火)にオープン

「銀座に志かわ」自由が丘店があった場所
「銀座に志かわ」自由が丘店があった場所

「銀座に志かわ」の食パンは仕込み水に特徴があります。通常、パンの発酵に欠かせないイースト菌は、弱酸性で活発に働く性質を持ちます。

しかし、「銀座に志かわ」の仕込み水は独自開発のpH値高めのアルカリイオン水。アルカリ性の水だとパンがうまく膨らまないといわれていた常識を打ち破り、オリジナルのおいしさを引き出しているのが人気のヒミツです

生クリームや練乳、はちみつ、バターなどリッチな素材を使いつつ、絹のように柔らかく、甘さほんのり、モチモチした食感を楽しめます。

1人2本まで購入可能と個数制限が設けられ、予約しないとなかなか買えないと評判だったのを覚えています。

2021年3月20日(土)にオープンした「銀座に志かわ」中目黒店も移転・リニューアル

「銀座に志かわ」中目黒店
「銀座に志かわ」中目黒店

目黒区内にもう一店舗、中目黒に「銀座に志かわ」がオープンしたのが2021年3月20日(土)。オープン当日、お店の前を通った際には、当日購入分がありますとお店の方が声掛けしていました。

しかし、この中目黒店も自由が丘店同様、移転・リニューアルのため閉店とアナウンス。他にも恵比寿店、三軒茶屋店、鷺ノ宮店が同様に移転・リニューアルとなっていました。

目黒区内に残っている「高級食パン専門店」をチェック

都立大学「ふじ森」
都立大学「ふじ森」

学芸大学にあった「一本堂」「真打ち登場」は閉店。都立大学には「ふじ森」があります。

高級クリーミー生食パン「ラ・パン」は中目黒店自由が丘店の2店舗が健在です。

「ラ・パン」 中目黒店」
「ラ・パン」 中目黒店」

そして武蔵小山には「レブレッソ 目黒武蔵小山店」。

「レブレッソ 目黒武蔵小山店」
「レブレッソ 目黒武蔵小山店」

2021年6月にオープンしたのが「東京食パン 壱よし」。こちらは一本堂と同じIFC株式会社が展開する別業態のブランドです。

「東京食パン 壱よし」自由が丘店
「東京食パン 壱よし」自由が丘店

そして八雲にあった「Omochi(おもち) 自由が丘店」は閉店してしまいましたが、カフェに業態変更して2021年6月にオープンしたのが「Omochi CAFE 自由が丘店」。

「Omochi CAFE 自由が丘店」
「Omochi CAFE 自由が丘店」

「Omochi(おもち) 」の食パンを使ったサンドウィッチを提供するお店ですが、食パンも購入可能です。

目黒は有名チェーン店ということだけでは生き延びるのが厳しい、パン激戦区

目黒区内にはたくさんの実力派&個性的なベーカリーがひしめき合っています。

現在残っている高級食パン店は「ラ・パン」以外は、フランチャイズ方式のチェーン店ではないところがほとんど。「高級食パン専門」ということだけでは差別化を図るのが難しいという印象を受けました。

特に高級食パンは1本(2斤)売りのところがほとんどで、いくらパンが好きとはいえ、そんなには食べられません。冷凍庫に保存するとしてもスペースに限界があります。

「東京食パン 壱よし」では当初1本売りだけだったのですが、最近では1斤でも購入できるようになっていました。少人数の家族にとっては非常にありがたい変更です。

ウクライナ情勢により、小麦の値段が高騰しているのでパンの値段が気になります。目黒区内にある「高級食パン専門店」の動向を見守りたいと思います。

【店舗概要】
「ラ・パン」中目黒店
営業時間:11時~売切れ次第終了、年中無休
住所:東京都目黒区上目黒1-16-9 NEO中目黒1F
問合せ先:03-6303-2180

「ラ・パン」自由が丘店
営業時間:11時~売切れ次第終了、年中無休
住所:東京都目黒区自由が丘1-30-1
問合せ先:03-5726-9432

「レブレッソ」目黒武蔵小山店
営業時間:平日9時~19時、土日祝8時~19時、第2・第4火曜定休
住所:東京都目黒区目黒本町3-5-6
問合せ先:03-6712-2780

東京食パン 壱よし
営業時間:10時30分~19時、月曜定休(祝日の場合は翌日休み)
住所:東京都目黒区自由が丘 1-3-13 8ビル1階
問合せ先:03-5726-8890

Omochi CAFE」自由が丘店
営業時間:10時~22時(現在は20時まで)、不定休
住所:東京都目黒区自由が丘1-25-22 ギャラクシービル1F-A
問合せ先:03-6421-3797

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。