タイトル画像

【荒川区】谷中ぎんざ商店街の老舗「濱松屋はきもの店」が多くの人々に惜しまれて閉店しました。

ChiMa

地域ニュースサイト号外NETライター(東京都荒川区)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

谷中ぎんざ商店街に戦後からあった「濱松屋はきもの店」が2021年8月末日に閉店しました。

「濱松屋はきもの店」は1891年(明治24年)に王子で創業しました。4代目になる店主は日本の伝統文化を守りたいと考え、他店で購入した下駄の鼻緒のすげ替えも引き受けていました。

筆者は8月25日(水)に「濱松屋はきもの店」を訪問しました。すでにショーウィンドウに展示されている商品はなく、店内もほぼ空に近い状態でした。在庫品は半額セールになっていましたので、顧客達がまとめ買いしたかもしれません。

しかし、幸運にも一点だけ成人女性用の下駄がありました! 「それは今、鼻緒をすげたばかりです。綺麗な生地でしょう。まだ、どなたも見てませんよ。」と店主は言いました。店の奥で店主はわずかになった在庫の下駄の鼻緒をすげてました。展示されている下駄と同じ形のものはすでにない、と聞き、筆者は購入させていただきました。

とても美しい下駄です。閉店の理由は「後継者がいない」ということでした。残念です。谷中ぎんざ商店街の老舗が一つ閉店しました。長い間、お疲れ様でした。

【店舗情報】
濱松屋はきもの店(2021年8月31日閉店)
住所 
東京都荒川区西日暮里3丁目15―5

シェア

いいね

コンテンツへの感想