タイトル画像

トレンド/カルチャー

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【荒川区】復活した「たこ焼き ふく扇」。名物たこせんは大人も童心に帰る懐かしい美味しさです!

ChiMa

地域ニュースサイト号外NETライター(東京都荒川区)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

2022年4月21日(木)にあらかわ遊園はリニューアルオープンしました。約3年半リニューアル工事のため休園していましたので、待ちに待った荒川区内外の人々で週末は大変、賑わっています。

そして2年前、あらかわ遊園近くの住宅地にある「たこ焼き ふく扇」も閉店しました。多くの荒川っ子が「たこ焼 ふく扇」のたこ焼やたこせんを食べてきたので、閉店を惜しむ声が多かったです。しかし、嬉しいことにあらかわ遊園リニューアルオープンと同じ日に「たこ焼 ふく扇 」も営業再開しました! そして以前のように再び店の前に行列ができるようになりました。

営業日などが書かれた看板がありました。人気のためたこ焼が焼き上がるまで待つ場合が多いです。「気の短い方、怒りンボの方も待っていてくださいね」と書かれています。たこ焼が焼けるのを待つのも楽しみですね。

こちらは税込み150円の名物「たこせん」です。煎餅にたこ焼が2つ挟んであります。ソースの香りが食欲をそそります。今も昔も子ども達が小銭を握りしめて「たこ焼 ふく扇」にやってきます。そして大人達も童心に帰り、たこせんを頬張ります。

あらかわ遊園周辺はのんびりした空気が漂う子どもも大人も気持ちがほっこりする町です。「たこ焼き ふく扇」はこれからも地元の人々に愛されるでしょう。

【店舗情報】
「たこ焼き ふく扇」
住所 東京都荒川区西尾久6-29-7
営業時間 11時~心折れるまで
営業日 土曜、日曜、祝日

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。