専門マスター

【パスタ】ペペロンチーノを美味しく作るには、3つのポイントを抑えよう!プロが作り方を教えます!

COCOCOROチャンネル

プロ料理人が自宅で実践できる料理のコツを教えます

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

パスタの基本『ペペロンチーノ』
これが作れれば色んなパスタが応用で作れます!
3つのポイントを抑えれば誰でも簡単です!

★材料
パスタ 100g (1.4mmバリラ) オリーブオイル 30~50cc
ニンニク 2片 唐辛子 1本分 パセリ 適量

Point 1 パスタを茹でるお湯は『塩分濃度1.4%』

パスタを茹でるお湯に入れる塩の量は、濃度が1.4%になるように計って入れましょう。
慣れてくると「味噌汁よりちょっとしょっぱいかな?」という感覚で出来るようになりますが、まずはしっかりと計る事をおすすめします!意外と多くてびっくりすると思います!!
しっかり塩を入れたたっぷりのお湯で茹でる事で、パスタの食感が良くなります。
さらに茹で汁はソースの味付けにも使うので塩分がとっても重要です!
※ちなみに動画のお湯と塩は大体お湯5L・70gです。

ニンニクは一片はスライス、もう一片はみじん切りにしましょう。
味や香りの出方に違いを作るためです。

Point 2 『火にかける前の状態』からオイルとニンニクスライスを入れる。

ニンニクは徐々に加熱して、ゆっくりオイルにニンニクの味と香りを移しましょう。
火にかけたオイルにニンニクを入れてしまうと、ニンニクの良い香りや味が出る前に、焦げて苦みなどが出てしまいます。
火にかけたニンニクがふつふつしてきたら弱火にして、みじん切りのニンニクと唐辛子を入れて色が変わるまで火にかけます。

このあたりでパスタも茹でておきましょう。

Point 3 オイルに『茹で汁』を入れて『しっかり乳化』する.

オイルやニンニクにうっすら色がついてくれば、味と香りがしっかりオイルに移った証拠です。
そこにしっかり塩味がついたパスタの茹で汁(お湯)を入れて混ぜ合わせることで「乳化」しましょう。
これでオイルが「ソース」に変わります。

パスタの茹で上がりに合わせて、ソースを再び温め混ぜ合わせます。
ソースが温まったら火を止めて、茹で上がったパスタを入れましょう。
フライパンを振ってパスタにソースをしっかり絡めます。ここでしっかり混ぜ合わせる事で、さらに乳化が促進されます。

盛り付けは「丸く」「高く」を意識すると綺麗に出来ます。
残ったソースやニンニクもかけてあげるようにしましょう。
仕上げにパセリをかければ完成です!!

いかがでしたか?今回はシンプルな
「アーリオ・オーリオ・エ・ペペロンチーノ」 ※オリーブオイルとニンニクと唐辛子だけのペペロンチーノ
でしたが、キノコやベーコンを入れても美味しいですよね!

材料もすぐ手に入るものばかりなので、是非作ってみて下さい!
これからもお料理の『ひと手間で抜群に効果を発揮するコツ』
をご紹介していきますので、是非フォロー・いいねお願いします!

…続きを読む

専門マスターの新着作品

すべて見る

こちらのクリエイターもおすすめ

すべて見る

タグから探す

すべて見る