専門マスター

【衝撃】肉汁あふれる!極上とんかつの作り方!【豚カツ】【自宅で作れる】【晩ご飯】【夕飯】

COCOCOROチャンネル

プロ料理人が自宅で実践できる料理のコツを教えます

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

今回は自宅で作る美味しい「とんかつ」をご紹介します!
揚げ物で最適な肉の火入れ表現するのは難しい…
しかし!今回ご紹介するポイントを押さえて作ればきっと美味しいとんかつが作れるはずです!

★材料
豚ロース肉 約150g 厚さ1.5cm程
パン粉 適量 
卵 1個
小麦粉 適量
米油 適量

◆とんかつ用のソースは別の動画で用意してありますのでそちらを御覧ください。
https://creators.yahoo.co.jp/cococorochannel/0300068726

まずお肉はなるべく分厚いものを選びましょう。
食べごたえもありますし、火入れもコントロールしやすくなります。
パン粉は生パン粉でも乾燥パン粉でも構いませんが、含まれる炭水化物の度合いで食感が変わるのでお好みで選んでください。炭水化物の含まれる量が少ないほどさっくりと軽い食感になります。

揚げ油は米油がおすすめです!油酔いしにくく、軽く仕上がります。
オリーブオイルでも美味しく仕上がります。また、ラードやごま油を少しブレンドすることでよりお店っぽい味になります。

お肉の下ごしらえをします。
ステーキ等の場合はお肉を常温に戻してから焼くことが重要ですが、今回は冷蔵庫から出してすぐに調理を開始します。

筋を切っていきます。この作業を怠ると揚げている最中にお肉が反り返り、衣が剥がれてしまう原因になります。
筋は赤身と脂の間に多くあるので、丁寧に包丁で切っていきましょう。
その後はすじ切り用器具(ミートテンダーライザー)やフォークなどで、さらに両面全体に穴をあけましょう。

衣を準備しましょう。 

◆ここで油を火にかけておくとスムーズに作業できます(160度)

卵はといておきます。
パン粉は底が平らなバッドや容器にしいておきましょう。
保存容器で行うとそのままパン粉を保存できるので便利です。
底が平らで広めのものを使う事が重要です。

お肉の両面に軽く小麦粉を振りましょう。
このときたくさんつけすぎないことが重要です。つけすぎるとこちらも衣が剥がれる下人になります。

まず卵にお肉をつけます。
全体に卵がついたらパン粉の容器に移しますが、このとき極力細い箸やピンセットで行いましょう。指で移すとその部分だけ衣がつきにくくなります。

パン粉の容器に入れたら上からパン粉をかけて、10秒間手のひらで押さえつけ、しっかりお肉にパン粉をつけてあげましょう。

いよいよ揚げる作業です。スタートの温度は160度です。
揚げ始めの温度が高温になりすぎないように気をつけましょう。

油に衣をつけたお肉をいれ、ここから3分半かけて180度に上げましょう(大体でOKです)
その後180度でさらに30秒間揚げたら油からあげて立てておきましょう。寝かせてしまうと衣がベチャッとなります。
油を切りながら予熱で火を入れていきます。3-4分が目安です。

◆火入れの時間はお肉の大きさや厚さで前後します。状態を見て判断できるように自宅の環境で何度かチャレンジしてみてください!

盛りつけにとんかつの台はあるとないとでは、食感にも差が出るので是非用意しましょう。100均等でも手には入ります。
ない場合はキャベツに立てかけると良いでしょう。

余談ですが、トンカツは真ん中から食べると良いそうです。
油もので食べ進めるうちに味がわかりにくくなりますので、一番美味しい真ん中を最初に食べるのがおすすめです!

いかがでしたか?
各ポイントを押さえて、自宅で美味しいとんかつを作ってみましょう!

これからもお料理の『ひと手間で抜群に効果を発揮する』コツを紹介していきますので、是非いいね!そしてフォローをお願いします!

■参考情報/Yahoo!ショッピング
パール金属 オベ・フラ フライ鍋
https://shopping.yahoo.co.jp/products/z44crulkq7?
パール金属 キッチンメイト シリコーン加工天ぷらバット
https://shopping.yahoo.co.jp/products/z44crumtfn?
おいしい低糖質 生パン粉
https://shopping.yahoo.co.jp/products/z4ekf1hcu9?

…続きを読む