タイトル画像

【京都市右京区】住宅街にぽつねんと佇む「油掛地蔵」。今日も街の人々を穏やかに見守っています。

Dari town

地域ニュースサイト号外NETライター(京都市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

街歩きの中で見つけた右京区のおもしろスポットをご紹介します。

JR山陰本線・嵯峨嵐山駅から徒歩6分のところ、有栖川に架かる油掛橋のそばに「油掛地蔵」というお地蔵さんが祀られています。

有栖川に架かる油掛橋
有栖川に架かる油掛橋

近づいていくとほのかに油の香りがしてきました。この油の香りにはワケがあるのです。

油香るお地蔵さん
油香るお地蔵さん

実はこちらのお地蔵さん、油をかけて祈願すると願いが成就すると言われています。

この言い伝えは、江戸時代の油商人が“商売繁盛”を願ってこの地蔵に油をかけたことが始まりで、それが浸透し、今もその習わしが地域の人々に根付いているのです。

私も実際に祈願してみました!

なみなみ汲まれた油
なみなみ汲まれた油

従来の神社で言うところの手水舎の部分にたっぷりと油が汲まれており、それをすくってお地蔵さんにかけます。ぬるっとした油をお地蔵さんに掛けるのは少し申し訳ないような気がしましたが、新鮮な体験でした。

どことなく穏やかそうな表情をされています
どことなく穏やかそうな表情をされています

長年にわたり油をかけられ続けたお地蔵さんは、顔が真っ黒になってしまい鮮明には見えないのですが、どことなく穏やかな表情をされているように思えます。

街の人から大切に手入れされながら、有栖川沿いにぽつねんと佇む油掛地蔵。

長年街を行き交う人々の運気を上げてきたお地蔵さんは、今日も街の人々を穏やかに見守っています。

【油掛地蔵(嵯峨油掛町地蔵尊)】

所在地:京都府京都市右京区嵯峨天龍寺油掛町30

シェア

いいね

コンテンツへの感想