専門マスター

~おうちで手作り和菓子~ 生八ッ橋の作り方

decocookie

和菓子研究家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

和菓子の生八ッ橋、ご家庭で簡単に作れるレシピのご紹介です。
ニッキ(シナモン)味が定番ですが、最近では様々なフレーバーのものが売られるようになった生八ッ橋。
今回は基本的な「きな粉とシナモン味」を作ります。フレーバーを変えたいときは、中のあんを変えたり、生地に香料を混ぜてみたり、きな粉の代わりに抹茶などを使います。
お好みのものにアレンジしてみてくださいね。

材料 レシピ

白玉粉 10g
お湯 50cc
上白糖 20g
上新粉 20g
シナモン 2g
つぶあん 40g(あん玉10g×4)
きな粉(打ち粉用)適量

作り方

1.耐熱(レンジ可)のボウルに白玉粉を入れ、お湯の半分を入れてゴムベラまたは指先でよく混ぜます。
2.白玉粉のだまがなくなったら、残りのお湯を入れ、上白糖、上新粉、シナモンを入れ、よく混ぜます。
3.ふんわりとラップをし、レンジ500Wで1分加熱します。
4.3を水で濡らしたゴムベラでよくこねます。
5.再び、ふんわりラップをしてレンジ500Wで90秒加熱します。
6.とても熱くなっているので注意しながら、再び水で濡らしたゴムベラでよくこねます。
7.お餅がやわらかく伸びるようになったら、熱いうちに、打ち粉(きな粉)をした台に落とします。
8.手や餅全体にきな粉をまぶしながら、生地をめん棒で伸ばしてゆきます。
9.正方形に切り、10gづつ丸めておいた粒あんを中において包んだら完成です。

コツとポイント

餅生地を伸ばすのは、最初は思うようにいかないかもしれないのですが、温かいうちに伸ばすことと、端に角を作り調整しながら伸ばすこと、そして薄く伸ばしすぎない事がポイントです。
とても柔らかく、粘り気があるので、伸ばしすぎるとまな板に引っ付いて収拾がつかなくなります笑
余った生地はアイスクリームに添えて食べると、とっても美味しいアイス大福に早変わり。ぜひ試してみてくださいね!

…続きを読む

専門マスターの新着作品

すべて見る

こちらのクリエイターもおすすめ

すべて見る

タグから探す

すべて見る