専門マスター

伊勢赤福の朔日餅 二月の立春大吉餅

decocookie

和菓子研究家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

今回は伊勢名物、赤福さんの「朔日餅」をご紹介します。

伊勢神宮に参拝された方はもちろん、ない方でも一度はテレビ等で目にした事があるのではないでしょうか。

伊勢では毎月一日の早朝、伊勢神宮にお参りする「朔日参り」があります。

一か月を無事に過ごせたことに感謝し、新しい月の無事を祈願するというものです。その朔日参りに来た参拝客をおもてなしするため作られ始めたというのが、赤福さんの「朔日餅」。行列が出来る事でも有名です。

今回ご紹介した品は化粧箱入りのものです。化粧箱入り以外にも、小箱大箱もあります。

化粧箱の器に使われている焙烙(ほうろく)は、茶葉やゴマ、塩、豆などを炒ったり、宝楽焼の鍋としても使われるとのことですが、赤福さんの説明によると、「節分には”ほうろく”でイマメの薪を燃やしてパチパチ音をさせながら悪鬼退散の福豆を作った」のだそう。

やわらかいお餅の豆大福は、こしあんと節分の豆まきにちなんだ黒豆と大豆。

節分で鬼を払って身を清め、翌日の立春でまた新たな年を健やかに過ごせるよう祈ったこの「立春大吉餅」は、年の初めに素敵なスタートを切らせてくれそうな縁起の良い和菓子でした。

朔日餅は一月以外の毎月販売されており、内容は月ごとに異なります。来月はよもぎ餅とのことでした。

今回ご紹介したお店
赤福
http://www.akafuku.co.jp/

…続きを読む