専門マスター

これ食べた事ある? 京都の縁起和菓子「水無月」

decocookie

和菓子研究家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

今回は、京都の縁起和菓子「水無月」を動画でご紹介しています。

京都では、一年のちょうど半分にあたる6月30日に、夏越の祓(なごしのはらえ)という、それまでの半年の穢れを払い、残り半年の無病息災を祈る儀式があります。その儀式にちなんで食べられるのがこの和菓子、水無月です。

京都では、六月になると和菓子屋さんだけでなく、スーパーや百貨店などでも、水無月が売られます。和菓子屋さんは水無月作りに忙しくなり、早くから売り出すお店や、当日だけ売るお店もあるとの事。

水無月の形は三角形ですが、これは氷室を表しています。夏の暑さを払うためという意味があり、さらに上に乗った小豆の赤は、悪魔祓いとされています。

今回ご紹介した、小倉きねや菓舗さんの水無月は、基本の白と抹茶味。どちらもみずみずしく、密漬けされた小豆がよく合います。

お店は四季折々の和菓子を提供する、地元に愛される和菓子屋さん。入り口には職人さんの作った、見事な工芸菓子が飾られ、技術の高さがうかがえます。

動画でご紹介したのは二種でしたが、最近では、よもぎ、シナモン、黒糖など様々な風味の水無月が売られています。小豆の代わりに他の豆を用いるお店もあれば、三角以外の水無月もあります。

もちもちとした外郎(ういろう)生地に、小豆の密漬けが乗った、素朴な美味しさの和菓子「水無月」。

この時期、京都に旅行される方はぜひ一度、この季節限定の縁起和菓子を召し上がってみてくださいね。

今回ご紹介したお店

きねや菓舗
HP等なし。近鉄京都線「小倉駅」から徒歩。

…続きを読む

専門マスターの新着作品

すべて見る

こちらのクリエイターもおすすめ

すべて見る

タグから探す

すべて見る