専門マスター

京都駅ナカで買える和菓子特集、お土産を買い忘れた時にも便利です

decocookie

和菓子研究家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

今回は、JR京都駅新幹線の駅ナカで購入可能な和菓子を三品、動画でご紹介しています。

まず、最初にご紹介しました、京都伏見にある「いなりや」さんの和菓子、きつね煎餅は、紅白のパッケージが印象的な、伏見稲荷名物のお土産用和菓子。

大きなきつねのお面を思わせるお煎餅は、見かけのインパクトからは想像できない、白みそとゴマの効いた香ばしい大人向けの味。

瓦煎餅のような味を想像する方も多いと思いますが、全く異なります。

甘さも控えめなので、あっという間に一枚食べられてしまいそうな軽さです。お酒にも合いそうでした。

伏見稲荷大社近くにあるお店では、一枚一枚手焼きをされていて、きつね煎餅の他にも、おたふく煎餅やいなり煎餅、そして人気の辻占煎餅(つじうらせんべい)もありますが、伏見稲荷へ行けなかった時でも、このきつね煎餅と辻占煎餅は駅ナカで買う事が出来ます。

思わずかぶってしまいたくなるほど、形の良いきつね煎餅は、箱ごと送るのも素敵ですが、職場でお土産として一枚ずつデスクに置いて回ったら、ちょっとした話題になりそうです。

続いてご紹介しました、平安殿さんの和菓子「鮎」は、京都を代表する初夏の和菓子。

夏になると、多くの和菓子屋さんで鮎の和菓子が販売されています。基本的には、甘めの生地で求肥を包み、鮎型に整えて焼き印を押したものが多いです。

平安殿さんの鮎の特徴は、薄い生地と、求肥の代わりに包まれた、柔らかい羽二重餅。ふわふわ食感と甘さも控えな優しい味に、旅の疲れも癒されそうです。

お土産として喜ばれるのはもちろんの事ですが、帰りの新幹線内や宿泊先でいただくおやつとしても、重宝しそうな和菓子でした。

最後にご紹介しました、井筒八ッ橋本舗さんの五山の送り火「三笠」は、生八ツ橋入りのどら焼き。

五山の送り火の焼き印が押された生地で、つぶあんと、ニッキの効いた生八ツ橋生地を挟んでいます。

どら焼きの中に求肥が入っているものは、たまに見かけますが、生八ッ橋が入っているのは珍しく、焼印とともに、京都らしさを感じるお土産でした。

今年は台風の影響で予定を変更し、送り火を見るのが難しくなる方もいらっしゃるかもしれませんので、様々な和菓子屋さんが販売している、五山の送り火にちなんだ和菓子で、送り火の気分を味わってみてくださいね。

以上、京都エキナカで購入できる和菓子を三品ご紹介しました。お土産の買い忘れなどにも、使って頂けたら幸いです。

…続きを読む