専門マスター

芋・栗・柿 まるで〇〇みたいな和菓子のご紹介

decocookie

和菓子研究家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

九月の終わり頃から、秋の実りを感じさせる和菓子が多く見られるようになりましたが、中でも芋や栗などは、多くのお菓子に使われています。今回は、その中でも少し変わった形のものを、三品ご紹介しています。

まず一品目は、大阪にある菓匠象屋さんの和菓子「柿大福」です。ここ数年、丸ごとみかん大福を筆頭に、苺以外のフルーツ大福が流行っていますが、こちらの大福は柿の形をした秋らしい和菓子になっています。

柿のヘタは本物を使っているため、少し離れてみると本物の柿のよう。淡く色付けされた柔らかい餅の中は、白あんと生の柿の実。あんに包まれているため、柿の果実がみずみずしいままでした。

秋の和菓子を思い浮かべた際、柿の和菓子を思い浮かべる方は、栗や芋に比べると、あまり多くないかもしれませんが、干し柿を使った和菓子を始め、羊羹、寒天ゼリーなど、柿の和菓子を作っておられる和菓子屋さんは多くあります。

柿がお好きな方だけでなく、気の利いた秋の贈り物として、ぜひいちど、柿のお菓子も探してみてください。

続いてご紹介しました、大阪、大黒屋さんの「堀りほりおいも巻」は、パッケージが焼き芋そっくりの可愛らしい和菓子です。

中には、どら焼き生地で巻かれた芋羊羹が入っています。芋羊羹には鳴門金時芋を使用し、さらに焼き芋も練りこまれています。コンニャクのような芋羊羹の柄になっているつぶつぶの正体は、焼き芋の皮。羊羹なのに、まるで焼き芋を食べているかのような香りがします。

甘さ控えめの皮と羊羹がよく合い、香りがあるのにさっぱりとくせのない和菓子のため、飲みものを選びません。煎茶でもほうじ茶でも、珈琲でもカフェオレでも合いそうな、美味しい和菓子でした。

三品目は、米どころ新潟から。「地酒ケーキ緑川」という日本酒ケーキで有名な、芳林堂さんの和菓子「魚沼のとうふ菓子」です。豆腐を思わせるパッケージと、中のプラ容器に入っているのは、まっ白な和菓子。上から見ると本当に豆腐のようです。

しっとりときめ細かい生地には、豆乳が使われており、柔らかい栗あんを挟んでいます。横から見るとサンドウィッチのようですが、全体のバランスが絶妙で、口の中でとろけるようです。

豆腐をイメージした和菓子ですが、豆乳の香りや豆腐らしさはあまり感じられないので、豆腐スイーツを期待した方は、少し物足りなく思うかもしれませんが、その分お菓子としてのバランスがよく、小さいお子さんのいるご家庭でも喜ばれそうな、優しい味の和菓子でした。

…続きを読む