専門マスター

縁結びの神様の御利益があるかも? 自宅で作る出雲ぜんざいとおこげぜんざいのキット

decocookie

和菓子研究家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

縁結びの神様として知られている、出雲大社(いずものおおやしろ)のある島根県出雲地方では、旧神無月(現在の10月下旬から12月上旬)を神在月とし、全国から出雲を訪れる八百萬の神々をお迎えする「神在祭」が行われています。

今年も11月6日から13日にかけて神在祭(じんざいさい)が行われたのですが、この期間に、神様方が来年のあらゆる縁についての会議をされる神議り(かむはかり)が行われるため、毎年、縁結びの御利益を得ようと、多くの方が出雲を訪れます。

その神在祭において用いられた神在餅(じんざいもち)が語源となっているのが、今では身近になった「ぜんざい」という説もあることから、出雲大社周辺では、美味しい出雲ぜんざいを提供してくれるお店が多くあり、参拝者の疲れを甘いぜんざいで癒してくれています。

今回ご紹介した自宅で作るぜんざいのキットは、そんな出雲が発祥の出雲ぜんざいが自宅で作れるふた品。

出雲のお茶屋、原壽園(はらことぶきえん)さんの出雲ぜんざい(540円)とおこげぜんざい(432円)です。

両方とも、北海道産小豆の粒あんを使ったぜんざいですが、入っているお餅が異なります。

出雲ぜんざいの方は、二種の丸餅。島根県産の白いお餅と紫いも(島根県産)入りのお餅です。おこげの方は、カリカリのおこげが入っています。こちらは、冷やして頂くこともできるのだそう。

出雲ぜんざいに入っている焼きもちは、煮る事も出来ますが、ここは本場の出雲ぜんざいにあやかり、「やきもちを焼くほど仲が良い」焼餅にするのがおススメです。

やや甘めのぜんざいに、こんがり香ばしい紅白の餅やおこげが合う、縁結びの神様にちなんだ、ぜんざいキットのご紹介でした。

今回ご紹介したお店

原壽園
http://www.harakotobukien.co.jp/

…続きを読む